シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 戦場のヴァルキュリア 』まとめて小論評・稿

<<   作成日時 : 2009/09/29 21:48   >>

トラックバック 4 / コメント 0

〆にまとめて小論評。

横軸比較検証としての 『機動戦艦ナデシコ』及び『最終兵器彼女』


「ソシテ終戦ハ突然ニ」で 26話(完)。
「戦火の日常」を描くに、構想練れてなくひとまず「完走」できただけでも離れ業
多くを望まなければAudio&Visualには楽しめますが、「お好きな方が」繰り返しご覧になれば宜しい、か程度。


世上云われるほど悪くもないが、だからといって良作という程のこともなし。
1話、2話 ⇒ 26話 ででも充分に。
「やりたいこと」は理解はできても、それには地雷を踏みすぎた、感。

兎に角
事業運営としての「企画」がユル過ぎです。
構成作家のところに回ってきたのが、「9月か10月」というシロモノを、
翌4月に放送開始では工程的に 「やっつけ仕事」程度にしか構想練れません。

インタビュー記事(監督・山本靖貴×シリーズ構成 ・横手美智子)
公式>SPECIAL>INTERVIEW Vol.2
【公式HP】http://www.valkyria-anime.com/index.html

構想練れてなければブレは生じますし、
逆説的に、「やっつけ仕事」でここまで持ち上げたなら大したもの
結局は、宣伝広告費よりは安くついたか、という程度の商品企画戦略…。
多くを望まなければAudio&Visualには楽しめます。
が、「お好きな方が」繰り返しご覧になれば宜しい、か程度に。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

横軸比較検証として、
「戦火の日常」を描くに 『機動戦艦ナデシコ』
「戦火の純心」を描くに 『最終兵器彼女』


■『機動戦艦ナデシコ』:

「戦火の日常」を描きたければ、「無駄に有り余る才能が溢れ出す」程度に スタッフ陣の充実 が必要に。
そしてキーワード「あっさりと」
戦火の中で、あまりにも「あっさりと」人は逝き、「あっさりと」寄るべき大義は失われ、
「あっさりと」夢は手折られる、けれど、
そこに「ひとは生きる!」。 その姿は描く、その姿勢。


『ヴァルキュリア人』の力なぞと云う 超常の力 を出してしまったら(ドン引き)⇒「日常」回帰難しいです
『ナデシコ』本編で、「超常の力」を出しつつも、
極めて限定的に留め、当の本人たちさえ意のままにならない⇒「戦術」にも「戦略」にも意図的には組み込めない
⇒ゆえに「人外の者」にまで至らず⇒それゆえなお「日常」性が保ちうる

そして、「群像譚」とするためには、
そこで生きる人間をキチンと掘り下げること、が必要
突如「第7小隊・突入」されても、
人間像が掘り下げられていなければ、 「何だかなぁ」 って お話に。
『ナデシコ』本編が、むやみやたらとギャグ満載に、ででも「人間像が掘り下げ」ているからこそ、
シリアスも活きます。「群像譚」たりえたのです。

 【公式HP】http://www.starchild.co.jp/special/nadeshiko/

■『最終兵器彼女』:

「戦火の純心」を描くのであれば、純化されるが故に 美しくも心痛い作品テースト になります。
「超常の力」を出してしまうのであれば、
「日常」と「非日常」の交錯そして取り返せないところまで行き着いた「果て」
を描くことになり、にもかかわらず
「人間礼賛」たり得るのは、
「日常」と「非日常」の交錯の中で、とことん「純化」されるココロを描くがゆえ
視聴する側に「楽しみ」(面白可笑しい、という意味でのソレ)は排除されなければなりません。
結果、視聴する側に安心出来るようなHappyなEnddingなぞ導きません

『ヴァルキュリア人』の力なぞと云う 超常の力 を出し、
視聴する側が安心出来るようなHappyなEnddingに導くならば、
そこでは「切り刻まれるような心の動き」が描けなくなるため、物語展開は陳腐化します。
勿論、「超常の力」を全面に、そのうえで「群像譚」たろうとするならば、
「物語展開は陳腐」であろうとも、それゆえにこそ「人間像が掘り下げ」が必須に。


 【公式HP】http://www.saikano.net/tv/index.html


『 戦場のヴァルキュリア 』はこのどちらにも軸足を置けずに、
(敢えて云うならば、『ナデシコ』アプローチに親和性があるのですが)
『ヴァルキュリア人』の力と云う 超常の力 に深入りしすぎで
かつ、「人間像が掘り下げ」が充分でないがゆえに
視聴する側に「群像譚」感を与えないというところに問題
があろうかと。
が、しかしながら、
「企画」として構想練れてなければそれも止む無し。
出来の善し悪しを問うよりも、ひとまずは「完走」できただけでも離れ業



んまあ、その意味では、山本靖貴、監督としては兎も角、コンテは書けるってことですよね…抜群に。
あと…コンテに森田宏幸・参画なのですね、『ぼくらの』の。
 (後掲・STAFF表)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 <STAFF表>

各話STAFF表用に 下記各話リストご参照。
 15.2 テレビアニメ⇒15.2.2 スタッフ
項目:戦場のヴァルキュリア 固定URL表示
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%88%A6%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%82%A2&oldid=28198138
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  <記事リスト>

(tbは#1稿 相互交換先サイト様に送付させて頂きました)

ウサウサ日記 様1話稿
ミナモノカガミ 様
おぼろ二次元日記 様
日々“是”精進! 様
帰ってきた二次元に愛をこめて☆ 様1話稿

追記1)09/10/22:tb送付先追加:
ぺろぺろキャンディー 様
    以上 追記1)

にほんブログ村 トラコミュ 戦場のヴァルキュリア(アニメ)へ
戦場のヴァルキュリア(アニメ)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
追記1)09/10/22:tb送付先追加:

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戦場のヴァルキュリア 第26話「決戦」
戦いの終わり。 ...続きを見る
ミナモノカガミ
2009/09/30 01:51
「戦場のヴァルキュリア」最終話
   最終章「決戦」アリシアを救出するため、ウェルキンたちは果敢にも巨大戦艦マーモットへ立ち向かっていく。鉄壁の戦艦に活路を見出し、決死の覚悟でマーモットへ突入する第7小隊。力のみを追い求めるマクシリミリアンを、もはや止められる者はいない。マクシミリア... ...続きを見る
日々“是”精進!
2009/09/30 06:18
『戦場のヴァルキュリア』第1話
第1話「戦火の出会い」戦争モノは苦手なのでパスしようと思っていましたが、主題歌を歌うHIMEKAは去年のアニマックスの「第2回アニソングランプリ」で優勝した人。カナダ人が優勝したとは聞いていましたが、先日去年の大会の様子が放送されチラッと見たら…外国人特有のたどたどしい日本語の歌い方ではなく、本当に上手のなので驚きました。その彼女のデビュー曲が主題歌として使われると聞いて、ちょっと興味が湧いたので見ることにしました。 ...続きを見る
ウサウサ日記
2009/09/30 19:31
『 戦場のヴァルキュリア 』#1「戦火の出会い」
― 始マリハ突然ニ ― ...続きを見る
シリウスを目指して翔べ!
2009/10/22 01:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    『 戦場のヴァルキュリア 』まとめて小論評・稿 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる