シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日経社説を読む」日記 #17

<<   作成日時 : 2009/09/17 23:47   >>

トラックバック 2 / コメント 0

日本経済新聞・社説(09/09/16)
 ■時計の針戻す亀井郵政・金融相の起用
 ■断罪された鉄のカルテル

社説1)「時計の針戻す亀井郵政・金融相の起用」について:

 (鳩山新内閣は16日に発足したところであるが)
 *社説の説くところ
  郵政民営化反対の急先鋒であり、「貸し渋り」「貸し剥がし」対策導入を主張する同氏の
  郵政及び金融担当相就任は、郵政民営化の動向が懸念され、また「中小企業向け融資の返済猶予」に際しては、
  金融機関の実態に即した対応が要求される*


まず、「郵政民営化見直し」問題について。

「何を・どのように見直すのか」その視点設定の必要性につき、これまで繰り返し述べてきたところなので簡単に述べるに留める。

「単なる逆戻しはしない」との立場を表明されておられるようだが、内容は依然不明。
主務官庁たる総務相でなかっただけまだましかもしれない。既に内閣が発足した関係で今後の動向を見守るほかないが、
内閣としての方針が定まり、閣内不一致の事態になれば辞任・罷免も免れず、
他方、内閣が、逆行した「官製金融」の再構築を目指すのであれば、それを国民が望み国民に資するものなのか、民主党が責任を問われなければなるまい


次に、「中小企業向け融資の返済猶予」問題について。

現実に、「貸し渋り」「貸し剥がし」対策を導入する必要は認められるが、さりとて
その場合、「中小企業向け融資の返済猶予」のリスクを誰が負うのかと云えば、当の金融機関である。
「融資の返済猶予」によって経営難に陥る金融機関は倒産しても止むを得ない、と内閣として腹をくくれるのか
また、悪質な「貸し渋り」「貸し剥がし」をしていない金融機関が巻き込まれない制度的な担保をいかに構築するのか、しないのか。

既に任命された以上一閣僚の問題たりえず、任命権者たる総理の政治責任は勿論、
今後、内閣として「責任を負う」その覚悟のうえでことにあたって頂きたい。

まず為すべきは、「あるべき姿」を国民に提示し説得することである
それができないのであれば、「政権交代」どころか国会が要らないという厳しい視線で見つめられていることに気がつかない、では済まされない。
手探り状態だからという、甘さは自戒すべきと考える。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
社説2)「断罪された鉄のカルテル」について:

 *社説の説くところ
  東京地裁は15日、独禁法違反(不当な取引制限)の
  建材用亜鉛めっき鉄板をめぐる価格カルテル事件で
  3法人6幹部に対し有罪判決を下した。
  価格カルテルの刑事訴追は17年ぶり*


訴追の対象は、新日本製鉄子会社の日鉄住金鋼板日新製鋼淀川製鋼所3法人と日鉄住金鋼板・元幹部6名。

判決は、法人たる日鉄住金鋼板を罰金1億6000万円(求刑罰金2億円)、元幹部を懲役1年〜10月、執行猶予3年(求刑懲役1年〜10月)、後2法人を罰金1億8000万円(求刑罰金2億円)に処した。

公正取引委員会は、8月末に対して課徴金155億円(3社計)の納付命令を下しており、1件当り課徴金額は歴代2位のところ、
行政処分だけでは済まされない悪質なものとの判断のもと訴追され、厳しい判断を下された
小口顧客向け鉄板でメーカー側の談合により一斉値上げをしていた事案につき、
「独禁法の規制強化が続く中での犯行は強い非難に値する。メッキ鋼板は広く国民生活にかかわる商品で、経済的、社会的影響も軽視できない」(判決中)として、
今回の厳しい判断に至った。
被告側の「カルテルは原料の高騰を転嫁するためで暴利を得る目的はなく、悪質ではなかった」(社説より)との主張は退けられ、
論旨の説く通り、司法の場において、業界の商慣習が「犯罪」とされた意義は大きく、鉄鋼業界各社は今後違法な業務の見直しを迫られることになる。

「自由取引の番人」として独立行政委員会たる公正取引委員会に負託されたものは大きいが、
本質的には「法令順守」の不徹底が株主代表訴訟の対象ともなり、現実に課徴金制裁は企業の多大な損失となる以上、
掛け声の「法令順守」に留まらず、企業統治の問題として自ら主体的に取り組まねば、自社の存亡にかかわることになる。

なお、注目すべきこととして、
改正独禁法での課徴金免責・訴追免責が活用されたところ、である。
不正を自主的に申告し証拠を提出した企業に対する「司法取引」であるが、事案が隠密裏に進められ企業が連帯して秘密保持に動くことが容易に推測できるところ、
「法令順守」に積極的に取り組む企業に於いては、違法取引摘発に向けて制度の積極運用が「自社の企業防衛」として機能することに期待がかかる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
なお

本稿シリーズにおける基本姿勢と方針については
「日経社説を読む」日記 #0・稿
ご参照 願います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

にほんブログ村 トラコミュ 社説へ
社説

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「日経社説を読む」日記 #18
日本経済新聞・社説(09/09/17)  ■鳩山首相は世間交代への期待に応えよ   (提示テーマ1項目のみ) ...続きを見る
シリウスを目指して翔べ!
2009/09/18 23:44
「日経社説を読む」日記 #19
日本経済新聞・社説(09/09/18)  ■亀井さん、冷静に企業金融支援を考えて  ■地価に配慮し減税の継続を ...続きを見る
シリウスを目指して翔べ!
2009/09/19 23:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    「日経社説を読む」日記 #17 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる