シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日経社説を読む」日記 #14

<<   作成日時 : 2009/09/15 00:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本経済新聞・社説(09/09/13)
 ■リーマン破綻1年、金融再生の道半ば
  (テーマ1項目のみ)

社説1)「リーマン破綻1年、金融再生の道半ば」について:

 *社説の説くところ
  米国でのリーマン破綻に端を発する金融危機から1年が経過した。
  世界は金融危機の面では「最悪期」を脱し、景気も持ち直しつつあるが、なお金融システムも実体経済も復調したとは云い難い。
  今後引き続き市場修復の改革こそが求められる。*




#8 社説1)及び#7社説2)で述べたところと重複するので簡潔に記すに留める。
既述該当箇所参照方。

サブプライムローン問題に端を発する実体経済とかけ離れた異常な信用創造に基づく金融機関の連鎖的破綻は、
究極のところ、米国経済への依存度が高すぎるという構造的な問題を解決することなしに軟着陸は望めない。

不動産担保ローンがファンド化され有価証券化された「投資金融商品」として、実体経済とかけ離れた異常な信用創造がなされ、
結果、企業の財務体質に歪みを産み、「異常な信用」であったことが露呈されて破綻に至ったという経緯については金融企業の体質改善とシステムの安定性の問題ではある。

しかしながら、
そこには米国の実体経済が弱体化していたという背景があり、その米国を最終消費地として生産国が対米輸出に依存していた、という構造自体が、
連鎖的な金融システム不安と景気低迷に至る要因となっていたことは否定できない。
消費において米国一国集中依存の構造にある限り、根本的な解決にはならず、
対米輸出生産国のみならず各国において実体経済の基盤強化が求められる。

その点では、金融システムの国際的な安定確保施策は勿論ながら、
内需拡大による体質改善が不可避であり、
相互依存関係にある国際社会が相互に内需主導経済構造への転換を互助していく必要が中長期的にはある。
ただし、そこには
「実体経済安全保障」とでもよぶべき見地から
各国独自の自国の実体経済健全化
大前提として必要であることはもとより当然のこと、というお話。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
なお

本稿シリーズにおける基本姿勢と方針については
「日経社説を読む」日記 #0・稿
ご参照 願います。

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

にほんブログ村 トラコミュ 社説へ
社説

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    「日経社説を読む」日記 #14 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる