シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 銀河鉄道999 』#91#92

<<   作成日時 : 2009/08/01 20:06   >>

トラックバック 1 / コメント 0

  <あらすじ稿>
#91:アンドロメダの雪女 後編・#92:海底都市の最期



⇒前話回稿:
#89:ガンマン哀歌(えれじい)・#90:アンドロメダの雪女 前編:
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#91:アンドロメダの雪女 後編:

 (前編より続く)
(銀河の果て=アンドロメダへの入り口にある「スノウウィンカー」。
そこで出会った「雪女」の”機械の身体をただでくれるところ”に行くことにした鉄郎…。)

鉄郎の姿を探し求めるメーテルブローカーの男と出会う。
確かに”あそこ”に行けば機械の身体は無料で手に入る、と男。
「雪女」はその者の命と引換にだがね、と男。


この星では「雪女」と出会っても死なないためにそれが必要なのだ、と男。
そして、メーテルにも機械の身体を勧めるブローカーの男
我々「商会」は、「雪女」と違って命までは取らない、報酬は頂くがね、と男。
そういう話は相手をみてすることね、と答えるメーテルは
黒いコートを肌蹴て男に自分の裸体をみせつける

そして、それを見たブローカーの男の脅えるさま…

その頃鉄郎「雪女」とともに。
そこかしこに散らばる遺体。機械の身体を手に入れたその代償の群れ
なぜそんなにしてまで機械の身体を与え続けるのか、を「雪女」に問う鉄郎。
その理由(わけ)は、自分が、生身の身体に戻って心の底から温まるラーメンを食べたいがため。
「雪女」の正体はかつて若かりし頃のラーメン屋主の恋人ユキ
若かりし頃ユキは、駆け出しの料理人の彼の夢なぞ到底理解も出来ず、華やかな暮らしに憧れた…。

そんなことしなくても「心の底から温まるラーメン」は食べられる、と自分で作ろうとする鉄郎。
そこに、ようやく鉄郎を探し出したメーテルが現れる。
メーテルは、ラーメン屋の主の許に「雪女」を連れて行く。
そしてメーテルはユキの事情を語り、ラーメン屋の主はラーメンを作る。
そのラーメンを食した「雪女」は、満足げに昇天していった…。

999号に戻った鉄郎とメーテル。
鉄郎は「雪女」ユキの気持ちを推し量ろうとする。
そして、メーテルは自分が心の底から温めようとした鉄郎の「優しさ」に触れて鉄郎を信じたのだ、と鉄郎に語る。
機械の身体を手に入れて失う生身の人間の心の温かさ
鉄郎の成り行きを案じつつも黙して語らぬメーテル、その心底…。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#92:海底都市の最期:

次の停車駅を「虹の上の星」車掌が告げに来る。
それを聞いた鉄郎は綺麗な姿なのだろうね、とメーテルに語りかける。
遠目にはね、と答えるメーテル。
土星の輪のような形状の星をとりまく”虹”。それはこの星での核戦争の産物…。

ステーションに着き下車した鉄郎とメーテルが向った宿泊予定のホテル。
そこで、着くなり
汚れた身なりを理由に宿泊拒否をされた客 に対するホテルの対応をめぐって
鉄郎はフロントと大喧嘩。自分からそのホテルでの宿泊を拒否する。

そんな鉄郎に意気投合した若い男。鉄郎に宿を提供する。
貧しい暮らしの中、かつての核戦争に反対し、今なお続く紛争に反対活動をしている
鉄郎と行動を別にしたメーテルに、車掌が「海底都市の最期」の管理局の情報を告げる。
ほどなく、その「海底都市の最期」=大地震の襲来を鉄郎と「男」も知るところとなる。
住民に999号への避難を呼びかける鉄郎と「男」。
が知事一派の追い出し工作として取り合わない住民達。

果たして、大地震はやってきた!。
なんとか脱出しようとして「移住カプセル」に乗り移る 鉄郎と「男」。
そのためには、ホテルの支配人の協力を得なければならなかった。
脱出に成功するなり、「男」を銃殺しようとするホテルの支配人。
共に脱出した 「男」の想い人 はホテルの支配人の恋人。
一度は鉄郎の銃撃で難を逃れた「男」に2発目の銃弾が襲う。
そのとき、「男」の想い人は身を挺して「男」を庇った。
自分が憧れを抱いていたものの醜さに気が付いて…。
一命を取り留めた彼女と行動を共にするよう呼びかけ、この星の再建を誓う「男」。

そのとき、メーテルの機転で空中待機していた999号が鉄郎を迎えに来る。

999号に戻った鉄郎は、ふたりの前途を案じるけれど、
信じあう心があれば大丈夫と諭すメーテルの言葉に、自分を納得させる鉄郎。
そして、鉄郎の旅は続く…。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
⇒<次回>:
#93:昆虫惑星の螢子・#94:ヤーヤボールの小さな世界 前編:

 <感想みたいなの、ちょこっとだけ>
「アンドロメダの雪女」前後編はちょっとした”短編作”として挿入されたかのように
興味深く、味わいが有りました。
良いですね、こういうお話。
それでいて物語展開の前後との整合性はとれていて、
メーテルの葛藤鉄郎の自己矛盾えぐり出されるように描かれていて見事です。

「海底都市の最期」の方は、”成長しない鉄郎の成長物語”として(わたしの立場では、です)、
鉄郎なりの”成長”の様を描いた一環、と位置づけてます。
勿論、そこでも改めて 『機械の身体と幸福の関係⇒無関係』 を繰り返し問うのですが。
そこに、やはり 鉄郎とメーテルの逡巡 がにじみ出てくる辺りが
 物語も終盤です、というお話に。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


雪国 (新潮文庫 (か-1-1))
新潮社
川端 康成


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




銀河鉄道999 TV Animation 24 [DVD]
エイベックス・トラックス
2005-01-13


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『 銀河鉄道999 』#93#94
  <あらすじ稿> #93:昆虫惑星の螢子・#94:ヤーヤボールの小さな世界 前編: ...続きを見る
シリウスを目指して翔べ!
2009/08/08 19:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    『 銀河鉄道999 』#91#92 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる