シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 銀河鉄道999 』#77#78

<<   作成日時 : 2009/06/13 19:35   >>

トラックバック 1 / コメント 0

  <あらすじ稿>
#77:喰命聖女 前編・#78:喰命聖女 後編:



⇒前話回稿:
#75:水の国のシャイアン 前編・#76:水の国のシャイアン 後編:
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#77:喰命聖女 前編:
 (読み:しょくめいせいじょ)

雨の中を999号は走る。不満を漏らす鉄郎車掌はこの星ではずっとそうだと告げる。
そんな鉄郎にメーテルは、雨がそんなに嫌いなのかを尋ねる。

ステーションに下車する鉄郎とメーテルの前に 老人(男)の「お遍路さん」
999号の乗客で八十八ヶ所巡りをしているのだ、という。
999号の停車時間を延ばしてもらえないかを車掌に頼み込む「老人」だったが、「規則」に忠実な車掌はにべも無く。

そんななか鉄郎とメーテルは宿をとる。
雨の星の古びた旅館の一室は、ひどく雨漏りのする部屋。
ふたりは、車掌に聞いた「老人」の脅えた様子について話をしていた。
その頃同じ旅館の一室に「老人」も宿をとっており、夜中に唱える念仏が他の客の苦情の種になっていた。
「老人」の一室にかけつけた鉄郎とメーテル。
「老人」は、どこかにあるという「人の魂を喰らう魔女の住まう星」を探して鎮魂の旅をしているらしい。

ひどい雨の中ステーションでは、車掌が機関室に乗り込み、コンピュータに避難の為999号の発車準備を進言し容れられる。
待機のため、発車していく999号

その頃、豪雨で氾濫が起こった街で宿屋から避難しようとする鉄郎とメーテル、そして他の宿泊客たち。
助けに来た船に安堵する彼らだったが、船に乗るには金を取るのが慣わしと告げられ、
憤る鉄郎は乗船を拒否する。そして、メーテルは洪水に呑み込まれて流された。

メーテルと逸れた鉄郎が、やはり洪水に呑み込まれて流れ着いた先。
「老人」の語った「魔女」の話を思い浮かべる鉄郎。
そこには灯台のように塔の先に灯火を照らす基地のような施設があった。
そこで鉄郎が遭遇したのは、先の避難船の船主の女。
再び憤る鉄郎に、メーテルのことが分かるかもしれないと奥に招き入れる。
そこで待っていたのは星の女王・フーフレーム。船主の女アークの主。

そして、フーフレームは鉄郎に、
この世で最も美味しいものと「生命の炎(いのちのひ)」を見せてあげると誘うのだった。

 (後編に続く)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#78:喰命聖女 後編:

 (前編より続き)
一年中雨の止まない星「雨ヶ池」で、女王フーフレームの屋敷で奥に招き入れられた鉄郎が目にしたのは、
実験室のようなガラス張りの一室囚われの身となったメーテル、そして避難船に乗った旅客たち。
彼らは「生命の炎(いのちのひ)」を取り出されるために連れてこられたのだった。

女王フーフレームこそが「老人」の語る「人の魂を喰らう魔女」
そして、旅館の女将(おかみ)もその一味
女王フーフレームは、自分の命を生きながらえさせ、美しさを保つため、人の魂から「生命の炎(いのちのひ)」を抜き取っていたのだった。
若くて美しいメーテルの魂からとれる「生命の炎」は最良のものと語ったフーフレーム。

そこに案内した避難船の船主の女アークに憤りをぶつける鉄郎。
彼女は機械人間から生身の身体に戻るため、女王の言いなりになっていた。
「宇宙戦士の銃」を向けた鉄郎に貴方に女の気持ちは分からない、と告げるアーク。
反論して、自分も機械の身体を手に入れるために旅に出たのだと、旅のきっかけとその思いをアークに語る鉄郎。
そして、そのとき陰から鉄郎を仕留めようとした女将の攻撃に躊躇うアーク。

避難船に乗った999号の旅客コロンブスが、飲んだ「生命の炎」。
自分が永遠の生命を得るために、すすんで飲んだコロンブスに、

飲み干したのち、それは彼の恋人の命からとったものであることを告げられる。
聞かされたコロンブスは、その事実に半狂乱に。

他方、襲われて倒れこんだ鉄郎は一室で横たわっていた。
そして、女王に飲ませるため、鉄郎の「生命の炎」として女将が届けた
その「生命の炎」は実はアークからとったもの
機械人間の「生命の炎」に拒絶反応を起こし、たちまち老い醜い姿と化していく女王フーフレーム…!

そうして、女王フーフレームの館を脱出して999号に戻った鉄郎とメーテル
999号の乗客室で、
アークの真意を尋ねる鉄郎に、きっとあなたの優しさに心を打たれたからでしょう、そう告げるメーテル。
「メーテルの”生命の炎”」はとても美しかった、そう告げるや疲れて眠り込む鉄郎。
メーテルの膝まくらに眠り込む鉄郎を
999号の窓の向こうの銀河の光と闇が包んでいた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
⇒<次回>:
#79:時間城の海賊 前編・#80:時間城の海賊 中編:

 <感想みたいなの、ちょこっとだけ>
前後編が放送スケジュールでパックになった回は嬉しい。
「喰命聖女 前編」「同 後編」は、人間の欲と良心と、グロテスクさと美しさとが描かれ、
なかなかに堪能できました。
「ヒトの醜さ」と共に、反面『人間も まんざら捨てたものでもない』をトーンとして底流に流す『999』らしい話回。

2話回で描くには、ちょっと駆け足に過ぎたかもしれません…。

次話回は珍しく(むしろシリーズ唯一の)3話回構成「時間城の海賊」の2/3部分。
そして、物語は終盤に着々と向っていくのでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『 銀河鉄道999 』#79#80
  <あらすじ稿> #79:時間城の海賊 前編・#80:時間城の海賊 中編: ...続きを見る
シリウスを目指して翔べ!
2009/06/20 19:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    『 銀河鉄道999 』#77#78 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる