シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 銀河鉄道999 』#51#52

<<   作成日時 : 2009/03/07 19:33   >>

トラックバック 1 / コメント 0

<あらすじ稿>
#51:透明海のアルテミス 前編・#52:透明海のアルテミス 後編:


⇒前話回稿:#49:これからの星・#50:亡霊トンネル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#51:透明海のアルテミス 前編:

宇宙を走る999号。乗客室で横になり眠る鉄郎。向かいの座席にメーテル
突然999号が急停車。車掌が云うには前方に正体不明の障害物が発見された、とのこと。
鉄道警備局の次元波動ミサイルにより破壊される障害物。再出発する999号だが、障害物のカケラがペタペタとついて来る。
懸命にガラス越しに「来ないで来ないで来ては駄目です、お願い」と叫んでいる(訳:車掌)。
そのうち、一匹のカケラ(蒼いふにゃふにゃしたもの)が999号に乗り込んで来て、鉄郎たちに語りかける。
コースの変更を「お願い」する一匹のカケラ。「この先にはお母さんが居ます」と一匹のカケラ。
だが車掌の問い合わせに鉄道管理局の決定は、コースの変更を認めないとする、もの。
そのうち、前方に再び障害物が登場。
蒼い巨大なフニャフニャしたものに999号は衝突し、その内部に取り込まれる

それは星の姿。不定形惑星
海のように見えるのは「この星の表面」とメーテル。
鉄郎が試しに999号の外に飛び出してみてみる。「星の表面」を駆ける鉄郎。
がしかし鉄道管理局からの急報が車掌に届く。999号の脱出は困難になったと。
999号が沈んでいくようにみえる様子に心配する鉄郎。車掌と相談に向うメーテル。
鉄郎が見たのは「星の表面」に取り込まれた飛行艇の残骸…。
管理局の続報では「星に」生命反応が認められる、との由。999号の救出にはもっと強力な障害物破壊力が必要かもしれない、と管理局。
鉄郎とメーテルがみたのはこの星自体がカケラを産み出す様。母親と子供達…
そして、更にめり込んでいく999号…。

「危険な星」と判断した鉄道警備局からの星ごとの破壊命令が降されたことを伝える車掌。
振動波の攻撃を受け止めて吸収する「星」。
その様に、カケラである子供の訴えに、自らの身の上を重ねる鉄郎。
鉄郎の記憶に蘇る、死んでいった鉄郎の母のその姿。
飛来する宇宙船の衝突
その様をみた鉄郎は、この星への攻撃を取りやめるように求める。「この星はとっても優しい星なんだ」と。この星は助けようとしているだけなんだ、と。
警備局の回答は10分間の待機措置のみ。
その頃、その不定期惑星の表面に「お母さん」と呼ぶ者、女性の姿があった。宇宙船の乗客だったその者は「アルテミス」と名乗った。
 (後編に続く)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#52:透明海のアルテミス 後編:

 (前編からの続き)
999号の医務室に運び込まれるアルテミス。がしかし普通の身体と異なるアルテミスに治療の方法は見つからない、と。
弱っていくアルテミス。衝突したんじゃない、この星が、お母さんが受け止めてくれたのだ、とアルテミス。
アルテミスの語るその身の上。

 (アルテミスの回想)
2年前機械の体が欲しくて、母の反対を押し切って母の許を飛び出したアルテミス
手術を受けて機械の体を得たアルテミス。手術の成功に大喜びするアルテミス。
しかし、アルテミスを待っていたのは、機械の体を得た代償に、働いて働いての毎日。
過労でとうとう限界に来ていたアルテミス。
働けなくなったアルテミスが送られたのは「スクラップルーム」…。
そのときにアルテミスの母への想いが蘇る。そして、「スクラップルーム」からの脱出することを考える毎日。
そののち、「スクラップルーム」を抜け出したアルテミスは宇宙船を奪ってその星から逃亡した…。
 (回想終わる)

そして、衰弱しきったアルテミスの体はもはや限界に到達していた…。
宙に向かって手を差し伸べるアルテミス「お母さん…」と。
そして、鉄郎とメーテルの前でアルテミスは息を引きとった。
母なる不定形惑星の許で…。

再開される不定形惑星への振動波攻撃。
鉄郎は「この星を壊してはいけない」抵抗する。アルテミスの母なる星を。
鉄郎は何度も警備局本部への呼びかけを続ける。
聞き入れるはずも無い警備局から、ついに発射される振動波。

鉄郎:「生きているこの星を破壊するなんて出来ないよ!」
  :「ボクには何にも出来ない…赦してくれ…アルテミス」

その声に反応する声「心優しき少年よ」アルテミスの母の呼びかけ。
自分の体は自分でも思うようにならない、のだとアルテミスの母
いつかわたしの産んだ子供達が大きくなったときには、破壊しなくとも銀河鉄道が航行出来るように、と。
アルテミスの母:「わたしの娘の為に涙を流してくれて有難う」
       :「わたしの身を案じてくれて有難う」
       :「さようなら」


的中する警備局の波動波攻撃を前に、
そう、言い残して「アルテミスの母」である不定形惑星は「障害物」として遂に破壊された…。

再出航した999号
また星がひとつ消えたわね、とメーテル。
「優しい星」だった、と鉄郎。
優しい心が生身の体により宿るそんな気がした鉄郎だった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
⇒<次回>:#53:鏡の星の鉄郎・#54:終わりなき夏の物語 前編

 <感想みたいなの、ちょこっとだけ>
『永久戦斗実験室』 前後編(#47#48)で”一捻り”ののち続く鉄郎の旅は、
再び「母との想い出」という鉄郎のスタート地点に戻るも、描かれるその色彩は少しだけ変わる。
ほんの僅かな「変化」だけれども、それが鉄郎の「成長」。
何も出来ない自分を認めつつも、何も出来ないながらに「何か」を試み、
そして(明確な自覚はないのだけれど)「諦めざるを得ない」ことがあることに
少しずつ気づき始める鉄郎。
そして、改めて問題提起される「機械の体と幸せの関係」
その答を鉄郎自らが出す日はまだ先のこと…。
そんな、鉄郎のほんの僅かな成長。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『 銀河鉄道999 』#53#54
<あらすじ稿> #53:鏡の星の鉄郎・#54:終わりなき夏の物語 前編 ...続きを見る
シリウスを目指して翔べ!
2009/03/14 19:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    『 銀河鉄道999 』#51#52 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる