シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 銀河鉄道999 』#57#58

<<   作成日時 : 2009/03/28 19:27   >>

トラックバック 1 / コメント 0

<あらすじ稿>
#57冷血帝国 後編・#58足音村の足音


⇒前話回稿:#55終わりなき夏の物語 後編・#56冷血帝国 前編

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#57冷血帝国 後編:

 (前編より続く)
「冷血帝国」そこは恐竜の星。そして秘かに現地人として人間の暮らす星。
余所の星の人間を信用しないユウビ人の星。

鉄郎と別れた恐竜のチビは、恐竜のレーべに告げて旅に出る。
999号に乗ることは今回は諦めると、その日の為に「東の山」に勉強をしに。
一方、ユウビ人の群れに襲われて囚われの身となった鉄郎とメーテル
待っていたのは「火あぶりの刑」…。
杭に括り付けられた鉄郎とメーテルの許に現れたのは、恐竜のレーべ。
助け出された鉄郎とメーテル
メーテルはレーべに問う、なぜこの星の人は人間を信用しないのかを。

その頃、ユウビ人達の集会
自分たちの物を盗まれないように、余所の人間と仲良くした恐竜たちの追放を決めるユウビ人達。
そこに現れる鉄郎とメーテル。
かつて来た人間が盗みに来たという「証拠をみせろ」と詰め寄る鉄郎に、放り投げられる石斧。
その石斧を銃で破壊したことで、鉄郎は「やはり、わたしたちのものを奪った」ことにされる。
鉄郎、恐竜たちの追放を止めるように説得を試みるも失敗
襲い掛かろうとするユウビ人達にメーテルの「光の目くらまし」でその間に逃げるふたり。

その頃、レーべはチビに伝えていた。鉄郎が、友だちってその程度のものかと嘆いていたことを。
別れが辛いという気持ちを打ち払い、やはり999号の出発に見送りに行こうとするチビ
が…その姿を遠目に見つけた鉄郎は、チビが999号に乗り込もうとしてきたのだと勘違い
鉄郎は発車を繰り上げるよう車掌に頼み込むも、車掌は無理だと告げる。
そうこうしているうちに999号のもとに辿り着くチビ。
見送りの際に、いつかは999号に恐竜も乗れるようになる時代を夢見るチビ。
「元気でな」「お前もな」と言葉を交わす鉄郎とチビの別れ。

発車する999号。
あの星では人間よりも恐竜の方がよほど高等だった、そう語る鉄郎に、
姿形と頭脳は別よ、とのメーテルのひと言に考え込む鉄郎…。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#58足音村の足音:

銀河を駆ける999号。次の停車駅を「足音村」車掌が告げる。
かつての地球に似た星メーテル
銀河鉄道が通ることに批判的だった、とメーテル。
草や木を大事にしたかったのかなあ、と鉄郎
夜の「足音村」の様子が妙なことに気が付き尋ねる鉄郎。
メーテルが云うには、この星の人は夜には外には出ないのだ、と。そして夜の間に起こったことは自分の責任なのだ、と。

旅館に着いた鉄郎とメーテル。
ひとり先に風呂に行った鉄郎の耳に「なにかの足音」…。脅えた鉄郎はメーテルを追って風呂に飛び込む。
風呂上りの鉄郎とメーテルに宿の女将が教えてくれる「足音村の足音」の話
人魂(ひとだま)退治が中途で失敗し、その後「足音」が聞こえるようになったのだと、旅館の女将。
なんだ幽霊かあ、ボクはもっと怖い目にあって来た、そう告げる鉄郎に、
旅館の女将は、その幽霊を侮ってはならない、取り付いたら最後そのひとの命を奪うまで離れないのだから、と。

その話を聞いた鉄郎は夜中にトイレに行くのに脅える。
意を決してトイレに向かった鉄郎のもとに、やはり現れる「幽霊」
それは、不定形の水の塊りの姿、そして魂の宿るもの
母の思い出が鉄郎の心に甦る
幽霊の気持ちが分かる、そう思った「幽霊」(ヤヨイ)は、鉄郎にあとをついて来て欲しい、そう告げる。
夜の村に出かけてゆく鉄郎…。
メーテルにとり憑かれたお客が帰ってこなかった話をする女将。鉄郎を案ずるメーテル

鉄郎と「幽霊」ヤヨイの行き先は村はずれの沼
ここを掘ってください、そう鉄郎に語りかけるヤヨイ。
駆けつけたメーテルは、鉄郎を守るため「幽霊」ヤヨイを撃とうとする!
そこをどきなさい、というメーテルの言葉に逆らいヤヨイを庇う鉄郎!
涙ながらに、必死の鉄郎、その姿…。
ヤヨイは去った、やはり貴方は友達、そう云い残して。

宿に戻った鉄郎とメーテルに安堵する女将。
鉄郎の持ち帰ったものは「漫画の原稿」。その原稿に生前のヤヨイを思い出す女将。
貧しかったヤヨイはもう少しで漫画家としてになれるところだった。
余所の星から来た出版社がヤヨイの原稿に目を留めた。
やっと貧しい暮らしから抜け出せる、漫画家として世に出ることが出来る、この星から抜け出すことが出来る、膨らむヤヨイの希望
しかし…結果は不採用
世を儚んだヤヨイは「村はずれの沼」に姿を消した
ヤヨイの大事にしていた「漫画の原稿」は見つからなかった。

遺品であるヤヨイの原稿を見つけ出してくれたことに礼を言う女将。
ヤヨイが自ら命を捨てたことに憤る鉄郎。
しかし、旅の途中で、その「漫画の原稿」を出版社に売り込むことを誓う鉄郎だった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
⇒<次回>:#59:なまけものの鏡・#60:大四畳半惑星の幻想 前編

  <感想みたいなの、ちょこっとだけ>
「冷血帝国」は同・後編で漸くにお話の筋が通りました。「足音村の足音」と併せて2本とも異形の者との友情物語
「冷血帝国」・後編では、チビを疑う鉄郎、
「足音村の足音」ではメーテルに逆らってまで庇う鉄郎、
とその姿は対照的に描かれます
ですが、心を通わせることの出来る鉄郎の「優しさ」が共通して描かれ、
その「優しさ」が鉄郎にとって、「落とし穴」になるのか「武器」になるのかは、
「終わりなき夏の物語」以降繰り返し問われるところ…。

 (「終わりなき夏の物語」・後編につき前稿参照)
メーテル:貴方の優しさがいつか貴方を辛い目に合わせるかもしれない
    :でもその優しさをいつまでも忘れないで

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『 銀河鉄道999 』#59#60
<あらすじ稿> #59:なまけものの鏡・#60:大四畳半惑星の幻想 前編 ...続きを見る
シリウスを目指して翔べ!
2009/04/04 19:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    『 銀河鉄道999 』#57#58 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる