シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 最終兵器彼女 』#7:「守りたいもの」

<<   作成日時 : 2009/02/03 21:49   >>

トラックバック 1 / コメント 0

― 日常:再びの始まり、亀裂、そして、引き裂かれる、ふたり…/非日常:「北部方面隊直轄・特殊任務部隊中隊長・識別名称”ちせ”」! ―


(さいしゅうへいきかのじょ:第7話:「守りたいもの」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
upが遅くなり申し訳有りません。
見やすいように<概要>と分割稿に致します。
<概要>は#7−2稿にて、感想・考察は#7稿にて。
折を見て、考察は手を加えて生きたいと考えております。
 (現段階では、別稿方式にて予定)

  −−−−−−−−−−−−−−−−
 ― この星で一番最後のラブストーリー ―
第7話:「守りたいもの」:【Index(目次)】
 「本稿」見出し。なので追記ごと順次改訂(の予定)

  (敬称略)
脚本・江良至 絵コンテ兼演出・平池芳正 作画監督・吉田隆彦

0.導入部
1.<概要>⇒#7−2稿参照
2.<所見>
2−1)ふたたびの始まりは…たちまち亀裂…そして引き裂かれ…それでも繋がる心:
2−2)「最終兵器」ちせ:
2−3)回旋する物語(その2):
3.[補足]:
4.記事リンク(TB送付先)一覧:
5.追記経過一覧:

⇒<次回>「みんな変わってゆく」
#0稿:全話回タイトル一覧
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.<概要>:#7−2稿参照

 (要点)
・始まり 終る「ふたり」 離れても募る思い
・「北部方面隊直轄・特殊任務部隊中隊長・識別名称”ちせ”!」
  その者は 死神 と呼ばれる(涙)
・アツシ出征 そこに…テツの姿
・届かぬ叫びが届く 絆 
  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.<所見>
― 日常:再びの始まり、亀裂、そして、引き裂かれる、ふたり…/非日常:「北部方面隊直轄・特殊任務部隊中隊長・識別名称”ちせ”」! ―

2−1)ふたたびの始まりは…たちまち亀裂…そして引き裂かれ…それでも繋がる心:

ものの3分ほどでシュウジと「ちせ」の「ふたたびの始まり」は終わってしまいました…
前話回と通計でも5〜6分程度?。
でも、この
 『坂の上に「ちせ」の姿!。坂を駆け登るシュウジ!。』のシーンは
とても素適です。そして…あまりに儚い…。

[第6話]で一度はクラスメイトに戻ろうとしたふたりは、それでも互いの想いが呼び合い、
想いは却って募り、そして坂の上に「ちせ」の姿を見つけたシュウジはもう止まらない!駆ける!。
 『「ちせ」の言葉は拒んでも「ちせ」の唇はそれを拒まなかった。』そのシーンは
今話回で、『自ら進んで口づけ、するちせ』の姿に引き継がれ、
膝から崩れ落ちる「ちせ」の膝カクッカクン描写も美しいです。
『「ちせ」:「もう離れているのは嫌だよ!シュウちゃん…!!」』
もう魂の叫び…。

それで、シュウジも「ちせ」を想う募る気持ちは変わらないのですが…
変わらないのですが…理性で「分かっていても」生理的に先立つ「恐怖感」!!。
怖いですよね…それは…。
それがシュウジの身を守り街を守ると云うことなのですが…
闘うことに慣れすぎた、というのか、「兵器」で(も)ある「ちせ」
当たり前のように話す―殺傷を厭わぬ―その姿を
そのままに受け容れられるほど、シュウジの心は強くはなく…脅えてしまう…。
必死で「視線を逸らすまい」と思っても、やはり恐怖の余りに逸らしてしまうシュウジ…。
立ち位置が違いすぎる、ふたり。
背負ったものが違いすぎる、ふたり。


割り切れてしまう「ちせ」 と頭では分かっても心が着いて行けないシュウジ…。
『恐怖の余りに震え涙の止まらぬシュウジのその姿…。』シーン…これはどうしようもないです…。
そのシュウジの様を見てしまった「ちせ」…。
やはり、此処の場面では、
『そのとき…「ちせ」の中の”何か”が壊れた。音を立てるかのように崩れた。
  シュウジにしがみ付いたその手の力が抜ける「ちせ」…。』

と表現しましたが、何かが壊れたのです…音を立てて
そう捉えます。

『「ちせ」:「あれなら堕ちる前に即死だわぁ。なんもだぁ。苦しまんで逝ったわぁ」』
『「ちせ」:「20、30人くらい居たかなあ…皆若いヒトだったなあ…
    : 皆、即死させたわぁ」』

この「ありのまま」の「ちせ」を受け容れるには…弱すぎるシュウジの心。
それを責める訳にはいきません…。時間も覚悟も要ります、若すぎますって。

純心ゆえに、あまりにも美しく、あまりにも残酷
…それでも互いに募る想いは、
今話回ラストでのシュウジの「届かぬはずの叫び」が「ちせ」に届いた!で涙します。
「何も出来ない」シュウジは出来ないなりに、
雪の北海道で 小樽から札幌(と思われる)までチャリでどうやって行くんだよお、なのに走り出し…
思い出の水族館に、「ちせ」が守った水族館に、
駆け上り叫ぶシュウジ!「まだ生きてるべや!」
堪りません、蒼さが。止まりません、涙が。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2−2)「最終兵器」ちせ:

旧「ちせ中隊」で「ちせちゃん」と慕ってくれていた若い兵卒たちはもう居ません…。
そして、「兵器/ちせ」は 死神 と呼ばれるようになります…。
胸が痛いです。痛すぎます。

新「ちせ中隊」が前話回に引き続き、再々編成されます。
従軍したアツシが合流しますが「ちせ」とはすれ違い、テツと出会います。
旧「ちせ中隊」で「ちせ」直属小隊長だったテツは、
廃人同然と化してでも、生きていました。生きているのです!。
「ちせ」不在の旧「ちせ中隊」を率いて、背負いきれないほどのものを背負って、
廃人と化してしまいました…。

それでも生きてます!。
男の性(さが)なのでしょう、「背負って」ボロボロですが…テツさん貴方は素適です。
女の性(さが)で、「ちせ」は切り捨てるものは容赦なく切り捨てられますが、
テツは…背負ってしまうのです…。
本作のテーマの主軸である、
「男」の性(さが)・女の性(さが)・逃れられない本性 と それが同じではなく”対”になる様
を示す一端のシーン。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2−3)回旋する物語(その2):

#6稿で触れた関連で、同稿ご参照

・[第2話]で交換日記 と [第7話]で手紙
[第2話]で交換日記の「付き合ってくれて有難う」という言葉にいたたまれなくなり、
家を飛び出し夜の街を駆けるシュウジは、
[第7話]で[ちせ]の手紙の私をこれ以上こわがらないで。/キライにならないで」で
今度は動けなくなり、うずくまるシュウジ…。

・自転車で駆ける[第2話][第7話]
[第2話]で「ちせ」を乗せて「ふたりで」自転車で駆けたシュウジは、
[第7話]で「ちせ」を追って「ひとりで」自転車で駆けるシュウジに。

・[第2話]「わたし成長してる・・」 と [第7話]「あたし…ねえ…成長してる…?」
[第2話]サブタイトルと交換日記文 [第7話]で「ちせ」独り言。
シュウジに向けられた言葉と シュウジに向けられない言葉と。

 回旋する物語ー対比の構造ーは美しく♪
 *これもまた探せばもっとあるはずです*

 (非パラレル)
・今話回では「写真」ですね。
 シュウジの持ってる(半分になった)「ちせ」の写真
 サトシの持ってる(半分になった)アケミの写真
 テツの持ってる メットの中の 「ふゆみ」の写真

OP仏文他の趣旨
OPテロップで使用される仏語は、
性質上、男性名詞・女性名詞 で ”対” になる 言語です。
「男」の性(さが)・女の性(さが)・逃れられない本性 と それが同じではなく”対”になる様を示し、
物語のテーマと構造を表現しています。

・面倒! ― シュウジ と テツ ―
話が遡りますが、[第3話]で「ちせ」にテツがシュウジと似ている、という話の部分を、
テツ:「寂しがり屋で正直手が掛かって面倒くさい」([第5話])、
シュウジ:「女なんて可愛いだけで、なんか…分かんねえよ!…面倒くせえ!!」([第6話])
で台詞を被せて、表現しています。
#5稿で、凸には凹 凹には凸 と表現した、
 シュウジ(彼)―ちせ(彼女) テツ(夫)―ふゆみ(妻)
 シュウジ(民間人)―ふゆみ(民間人) テツ(軍人)―ちせ(『最終兵器』)
の関係は、ホントにタイミングというか「めぐり合わせ」の問題なのですよね…。
シュウジとテツがどっちが上で下で、ではなく、
今のシュウジにできないことが テツには出来て、
今のテツにはできないことが シュウジには出来て、
それが 各々 「ちせ」に「ふゆみ」に今そのときに必要なことであって…これまたどうしようもないこと…。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.[補足]:



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.記事リンク(TB送付先)一覧:


トラコミュ
最終兵器彼女

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.追記経過一覧:

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[お知らせ]運営スケジュール調整の件
インフルエンザ自体は五日間程度で治ったものの、 之に伴い体力減退・体重激減の体調不良からなかなか抜け出せません。 例えば、PCモニター1時間見てるともう限界とかの弊害に見舞われているのが実情です。  補注)そこまでの経緯につき、  『[お知らせ(続)]流感でした…(泣)』稿ご参照   ...続きを見る
シリウスを目指して翔べ!
2009/03/04 20:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    『 最終兵器彼女 』#7:「守りたいもの」  シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる