シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 銀河鉄道999 』#41#42

<<   作成日時 : 2009/01/31 19:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

<あらすじ稿>
#41:球状住宅団の大酋長 後編・#42:フイメールの思い出



⇒前話回稿:#39霧の都のカスミ・#40球状住宅団の大酋長 前編

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#41:球状住宅団の大酋長 後編:

球状住宅団の星「大酋長」にさらわれたメーテルを助けに向った鉄郎
石杭に縛られたメーテル…と思ったそれは「かかし」
鉄郎は銃弾に撃ち抜かれ「大酋長」の囚われの身に

気が付けば「大酋長」の許にメーテル…。
メーテルを巡って口論になる鉄郎
言いなりにならなければ「正体」をばらすと脅されるメーテルは逆らえず
鉄郎は機械に囚われ屋敷を放り出される

鉄郎を助けに来たのはテツゴロウ
他に女の姿は無かったか、と問うテツゴロウ。
逃げる途中でテツゴロウは婚約者サクラの墓を見つけて泣き崩れる…。
昨年サクラはさらわれた。
その日以来同じような境遇の者達を仲間に「大酋長」襲撃の機会を窺っていたテツゴロウ…。
が、既にサクラは亡き者に…。
怒れるテツゴロウは一旦家に戻り、「大酋長」の館(城)ごと爆破を企てる

止める鉄郎の意見は聞き入れられずに、城に仕掛けられる爆弾
メーテル救出に向う鉄郎。爆発まであと3分
隙を見てコンピュータを破壊しようとしたメーテルは逆に囚われる。
そこに駆けつける鉄郎!。
「宇宙戦士の銃」でメーテルを解放させ城から逃げる鉄郎とメーテル。
窓から飛び降りるやいなや 城はコンピュータ諸共爆破される。

が、「大酋長」の正体は機械人間を破壊されない限り、は生きている…。
テツゴロウは星のコントロール装置のありかを聞き出し、「大酋長」を放り出す。
コントロール装置を操作し、星の解放をするテツゴロウ。
しかし、「大酋長」の王冠をかぶった途端に、心を奪われるテツゴロウ…
それは、「大酋長の王冠」の魔の誘い…。
自らが「大酋長」としてこの星に君臨することを宣言するテツゴロウ…。
この星から逃げる 鉄郎とメーテル。

再び旅立つ999号の中で、
鉄郎はメーテルにコンピュータにしまわれたメーテルの秘密を尋ねるけれど、
メーテルは「貴方にも分かる日が来るわ」静かにそう云うのだった…。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#42:フイメールの思い出:

宇宙を駆ける999号
次の停車駅は「思い出の顔」車掌が告げに来て、聞いた鉄郎地球での暗い思い出に浮かぬ顔…。
「思い出の顔」が出身の乗客フィメールに出会う車掌。
車掌の若き日の思い出、恋人マーベラスとの夢…。
「銀河鉄道の車掌」という夢を車掌は叶えた。
恋人が待っているはずという車掌をフィメールは嘲笑う。
ひとにはいえないほどの苦労をして故郷に戻るのだ、とそう語るフィメール。
あんた、ひもじい思いをしたことがあるかい、と鉄郎に尋ねるフィメール。
あるよ、と答える鉄郎にフィメールはお金さえあればそんな思いはしなくて済む」そう告げる。

そんな途上に運行事故で脱線する999号。
フィメールは車掌をなじり、鉄道管理局に告発するという。
その場に駆けつけるメーテルと車掌。
この事故は人為的なものだ、とメーテル。
列車妨害の犯人は実はフィメール。フィメールの腰には何かのコントロール装置。
なおも乗客の面倒をみないと車掌をなじるフィメール。
言われっ放しの車掌…。フィメールに詰め寄る鉄郎。
フィメールの持っていたのは軌道妨害装置。メーテルを張り倒すフィメール。
乗客に手を出したそのとき、車掌は動いた!。
フィメールの軌道妨害装置を奪い、(涙声で)いうことを聞かなければ999号から放り出す、とフィメールに命じる。
車掌はフィメールの正体にとうに感づいていた…。

999号は「思い出の顔」到着する。下車するのは、フィメールだけ。
「思い出の顔です、フィメール様ここでもういちど昔を思い出してみるんですね」
そう云って列車妨害の罪を問わずに、フィメールを解放する車掌。

下車するなり仮面を自ら剥ぐフィメール…その正体はマーベラス…。
お金を貯めることのできなかった車掌「無能力者のろくでなし」となじり去る。
鉄郎は、「無能力者のろくでなし」はお前の方だ、とフィメールの背に叫ぶ。
再び出発する999号。
窓辺にうつむく車掌の姿。マーベラスは学校に行っている間にすっかり人が変わってしまったのだ、と。
でも自分の青春の思いでと共にマーベラスはこの胸の中で生きている、と、自分に言い聞かせる車掌の姿…。

車掌にその言葉を聞かされても、
「分からない」という鉄郎に、メーテルは「貴方にもいつか分かる日が来るわ」
そう云いながらも
車掌のような思い出も持たずに鉄郎は機械人間になってしまう、そのことが鉄郎にとって良いことなのかを自らに問うていた…。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
⇒<次回>#43:嵐が丘のキラ・#44:ワルキューレの空間騎行 前編

  <感想みたいなの、ちょこっとだけ>
う〜む 今話回2回はいずれも好話回ですね〜。堪能できます。
但し、#41は前後編の後編 なので都合3話回ということになりますけれども。
「フイメールの思い出」車掌さんの若き日の夢と恋を粉々に砕かれながらも
それでもジブンの「胸の中の思い出」だけは誰も壊せない!
と云う 凄いお話
でした。
メーテルが自分がしていることが鉄郎にとって本当に良いことなのかを省みるシーンも象徴的。
本来は、鉄郎がどうのこうの云ってられないはずメーテル…その胸によぎるもの…。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    『 銀河鉄道999 』#41#42 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる