シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 WHITE ALBUM 』#3

<<   作成日時 : 2009/01/20 17:45   >>

トラックバック 8 / コメント 0

― 「ボク」の淀んだ「世界」の歯車は 「彼女」ではなく「今日の女神」 ―



(ホワイトアルバム・第3話):
第三頁:「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」
  −−−−−−−−−−−−−−−−
思いのほか、物語が「動いて」くれました。
「淀み」は動き出してくれないと 物語が展開しません ので、好印象
「由綺」ver深窓のご令嬢風 はす―ごーく良かった、です。 見た目はGJ!
中味は多分「恐ろしい」気がしてます。勿論私見です。

 (これまでのお話)
第一頁:「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」 ⇒
― 「彼女」と異なる「世界」に置かれて覚える「疎外感」… 貴方はどうしますか? ―
第二頁:「ずっと前から仕組まれてた、そんな出会いって、信じる?」 ⇒
― ところで「ボク」は 「彼女」のことが好きなのだろうか? ―
第三頁:「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」 ⇒
― 「ボク」の淀んだ「世界」の歯車は 「彼女」ではなく「今日の女神」 ―
第四頁:「想像を超えてわかり合えてるって、感じるときがある。逆の時も多いけどね」 ⇒
(次回)

  第三頁:【Index(目次)】
                (敬称略)
脚本・佐藤博暉 演出・岸川寛良 絵コンテ・下田正美 作画監督・佐藤清光

 「本稿」見出し。なので追記ごと順次改訂(の予定)
0.導入部
1.概要(参照先オススメ)
2.所見:
2−1):(やっぱ)由綺が好きなのは由綺なんじゃん??:
2−2):何が「WHITE ALBUM」なの?:
2−3)その他 細かいこと:
3.[補足]:
4.記事リンク(TB送付先)一覧:
5.追記経過一覧:

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.概要:(言及リンク):

話回のお話「あらすじ」の把握については
作品の特性と考え併せて、
後掲サイト様記事が参考になりますので オススメ させていただきます。
 オススメ【参照先】(順不同)
MAGI☆の日記 様
赤い彗星3号館 様

 補注)
 本サイト(かつ本稿シリーズ)の趣旨を 考察アプローチ 主体としております。
 そのため、最適と考えられる措置を採用。「手抜き」ではなく司々といふことです。
 この点、本稿シリーズ#1、#2、ご参照

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.所見:

描きたいこと(主題)を 前稿#2にて
『 取り残される「ボク」の疎外感…。
 そして始まる?「迷走」の果てに…「損なわれる関係」と「損なわれる自分」と…喪失と再生の物語 』

から
脆弱な「人間関係」のようなもの ― ”関係”の外周と内実 ― に
シフトして観ているのですが、
以下その前提を踏まえてお読みくださいませ。

2−1):(やっぱ)由綺が好きなのは由綺なんじゃん??:

”由綺信者”の皆様には申し訳ありませんが…。

前稿#2にて「見出し」と本文中にて提示した、
 ― ところで「ボク」は 「彼女」のことが好きなのだろうか? ―
 ― ところで「彼女」は 「ボク」のことが好きなのだろうか? ―
この2点中 後者
何やら 本当に
「彼女」が好きなのは 「彼に恋する自分=彼女自身」
という気が、本話回でさらにその心証を強くしました。

(勿論、勘とはいっても、#2稿でも推論を裏づける描写として挙げては有りますよ)


・由綺の「冬弥にとっての由綺の席」=冬弥の背中 に身を寄せて背中側から腕を回すシーン:

本話回(第三頁)のサブタイトルでもありますが、
「触れあい」「温もり」と云えば聞こえは良いですが、
本質的には、由綺にとっての
「安心を得られる行為」 であり、同時に 「冬弥の顔(表情)を見なくて済む位置」
でもあります。
テディベアやスヌーピーの「ぬいぐるみ」を抱いているのと、どこがどう違うのでしょう?。
「冬弥の顔(表情)を見なくて済む」のであれば、「安心を得られ」、かつ冬弥はそれを拒まないであろうことから、
自分は傷つかずに、「恋する自分=彼女自身」を自己確認できますよね?。

傷つかずに済む「温もり」と「安心」の提供
 〜ヒトのカタチをした「ぬいぐるみ」 ⇒ 冬弥


ここも 希薄な(歪な)「人間関係(っぽいもの)」 の描写に読めるのですよね…。

しかも、この際のシーンで、
「最初に逢ったときのこと」は 由綺と冬弥でくい違うシーンを見せているわけですが、
冬弥の側(回想)は 高校(蛍ヶ崎学園高校)の昇降口、
由綺の側(回想)は もっと幼い小学生くらいのとき、
で、そこの「くい違い」が(視聴者的に)明示されるのですが、当事者的には問題とされていません。
敢えて触れないという彼彼女関係というのもあるにはあるのですが…ここではむしろ「居心地の良さ」を壊さないため
と読めます(又は読みます)。

もうちょっと奥が深くて、実のところ、
由綺が冬弥を知ったのは「幼い頃」で、冬弥を追って一緒の蛍ヶ崎学園高校に通うことにした、っていう真相もあり得ます
 (「あり得ます」と書いてますが、実際そうなのではないか、と わたしは推察しています)。
由綺って…もしや…冬弥ストーカー?冬弥チェイスウィグ?
案外 遠からずなのかもしれません

でもそこで「守られているもの=確保されているもの」と云うのは、
 ― 幼い日の”憧れ”だった 冬弥クンとの 彼彼女関係 ―
というもの、なのではないでしょうか?、と読みます。 

・由綺の電話:
ここも、既述の点と 共通の文脈で見てる(見えちゃう) のですが、
彼氏彼女関係な割りに、「本当にイイタイコト=言うべきこと」は置き去りにされたまま、
自分の言いたい事は告げて、電話を切る 由綺シーンの多様。
嘘や隠しごとの多様もそうなのですが、
 (それが良いとか悪いとかは、わたし的にどうでもよく)
「彼彼女関係」を壊さないこと、維持すること、が 彼彼女の共通認識として”最優先事項”扱いな気がしてます。
「彼彼女関係」の中味が大事なのではなく、容れ物が大事
、そう見えますよ、わたしには。

・OP:
今後の展開次第ですが、
OPの 由綺 は”赤”い(毛糸の?)セーター?みたいなの着ていますが、
最後に 出て来るのは ”白”い毛糸…
(で多分手編みのマフラーなりセーターなりになり)。
受け取り手(と思しき)の 冬弥くん はOP出て来ませんよね…?。
まあ「見たくない」以前に「もう居ない」っていう展開も考えられますが?。
「由綺の脳内には居る冬弥」というオチ展開もあり得るんですよね…(ぷるぷる)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2−2):何が「WHITE ALBUM」なの?:

”白いアルバム” ですが 外見ではなく中味 が ”白いアルバム”っぽいですね、どうも。
face1: 貼っていた「写真」(想いで)が全て剥がされた or
     最初から「写真」(”想いで”と呼ぶべきもの)は無かった
face2: だからこそ、これから埋め合わせる or
     ”白いアルバム” で清算され新たにスタート
順列組み合わせで、
Enddingは ”Happy”にも”Bad”にも組めます。
何が”Happy”なのかも当然問題にはなりますが、
当座 一般に云う ”Happy”or”Bad” も
展開次第では 全く見た目と中味が逆になりますし。

とりあえず、”白いアルバム”物語に何を盛り込みたいのか、が興味津々

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2−3)その他 細かいこと:

はるかイベント発生は ドラマとしては どうにも不自然
 (まあ…どうでも良いですけどね)

理奈「天才を遺憾なく発揮」(公式キャラ紹介)というのですが…どうにも「努力のヒト」に見えますよ。
 「天才」と称されるに見合う努力は惜しまず自分に投資しているというか、課しているというか。
 むしろ、コンプレックスの塊りのように見えるのですが?。
 CV水樹奈々声のイメージが「幸せ薄そう」な印象強いと云うのもあるのですが、むしろ「狙って」かと思う。
 天賦の才っていうのであれば、むしろ 由綺 の方かと思うのです。
 理奈が苦労して到達した領域に「あっさり」到達してしまいそうな、そんな意味で。
 由綺=生まれながらの女優説(仮称)
 彼女の人生は演技で成り立つ!?のかも…。

美咲先輩エピソードを楽しみにしていたのですが、それはなく…、
 家庭教師先の「観月マナ(17歳)(蛍ヶ崎学園高校)」が登録簿と紙飛行機で登場し、
 学生課?のヤマモトさんは手を握ったし「本日の女神」決定で
  まあヤマモトさんの電話番号も聞いて帰ったことでしょう(多分。抜け目無く)。

父親との関係には「時代背景」を反映させ、「人間関係」の中味を書いている

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.[補足]:
1)今後の方針:
 物語が動き始めたので、「書く」続行
 稿upキリは 展開次第で追々追って考えます
 (「観る」は楽しいで視聴続行確定済)。
2)考察系アプローチ・オススメ
追記1.
なお、貴重な考察系アプローチの【参照先】としてオススメ
アニメを考えるブログ 様
   以上 追記1.
追記2.
だい亜りー 様(3話)
MOON PHASE 雑記 様(3話)

だい亜りー 様(2話)
MOON PHASE 雑記 様(2話)

だい亜りー 様(1話)
   以上 追記2.


深愛
KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)
2009-01-21
水樹奈々


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


トラコミュ
WHITE ALBUM

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.記事リンク(TB送付先)一覧:
 (順不同)(8版)(01/23)

言及リンク(本文中参照先):
MAGI☆の日記 様
赤い彗星3号館 様(コメント欄に報告)

  本文中4−2)にて記事リンクの3件様
アニメを考えるブログ 様記事17号(コメント欄に報告)
だい亜りー 様該当記事(現片道)
MOON PHASE 雑記 様該当記事(現片道)

記事リンク:
アニメレビューCrossChannel.jp 様
日々“是”精進! 様
SERA@らくblog 3.0 様(コメント提供)
White wing 様

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 様
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
6.追記経過一覧:

追記1.:01/21付:4−2)に 考察につき【参照先】追加(加入):
追記2.:01/23付:4−2)に 考察につき【参照先】追加(加入):

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
WHITE ALBUM 第3話「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」
今回も長いサブタイトル。 ふ〜ん。由綺の心情ですね。私の場合はあそことあそこじゃないとダメかもしれない(笑)。 ...続きを見る
White wing
2009/01/20 19:03
「WHITEALBUM」第3話
TVアニメ「WHITEALBUM」OPテーマ::深愛第3頁「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」由綺と理奈が所属する芸能事務所の社長である緒方英二から、冬弥は半ば強引に理奈のマネージャーに任命されてしまう・・・。「青年のクビも切っちゃうぞ♪... ...続きを見る
日々“是”精進!
2009/01/20 19:39
WHITE ALBUM 第3話「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」
本編中でのあらすじの省略とブツ切りしたようなエピソード、不意に予兆なく挿入されるハーモニー処理や回想シーン、すれちがう会話など、シナリオとコンテは理解させるためではなく感じさせるために作られているようだ。特に時代背景を知らない若い世代の視聴者は、理解しようとすると難しくなる。 大胆に省略したオープニング絵コンテも、語るのではなく感じさせる演出。 ...続きを見る
アニメレビューCrossChannel....
2009/01/20 20:32
WHITE ALBUM 第三頁「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。...
WHITEALBUMの第3話を見ました。第三頁 手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ理奈からかかってきた電話を取った冬弥。「理奈さん…?」『本日の女神はまだ有効?』「え、いや、有効とかそういうのは…」『まだ本日よね、幸運は続いてる?』「... ...続きを見る
MAGI☆の日記
2009/01/20 22:36
WHITE ALBUM 第03話「手と手、肩と肩、背中と背中、それから、服の上からだっていいんだ」の...
WHITE ALBUM 第03話 「手と手、肩と肩、背中と背中、それから、服の上からだっていいんだ」 評価: ...続きを見る
いーじすの前途洋洋。
2009/01/21 15:26
(アニメ感想) WHITE ALBUM 第3話 「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだ...
WHITE ALBUM 新パッケージ版クチコミを見る ...続きを見る
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
2009/01/22 08:45
WHITE ALBUM 第3話
冬弥は、理奈たちに振り回されはなし。 理奈の電話は、冬弥にマネージャーのヘルプをしないかってもの。 OKした冬弥でしたが、前任者がク&... ...続きを見る
SERA@らくblog 3.0
2009/01/22 23:53
WHITE ALBUM 3頁「手と手、肩と肩、背中と背中、それから、服の上からだっていいんだ」
 深まっているはずの恋と、障害 ...続きを見る
アニメを考えるブログ
2009/01/24 20:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    『 WHITE ALBUM 』#3 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる