シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 銀河鉄道999 』#37#38

<<   作成日時 : 2009/01/19 02:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

<あらすじ稿>
#37ミーくんの命の館・#38卑怯者の長老帝国



⇒前話回稿:#35プレーテッド・シティの魔女 後編 ・#36大酋長サイクロプロス

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#37:ミーくんの命の館:

宇宙の闇。その中を走る999号
ブラインドを降ろす乗客たち。
メーテルも ブラインドを降ろすよう鉄郎に勧める。
疑問に思う鉄郎。 見ておきたいと云う鉄郎にメーテルは良い心掛けね、と赦す。
車掌が次の停車駅を「ミーくんの命の館」と告げに来る。
ふと気付くと見知らぬ乗客のの姿。子猫を抱いている。
その乗客は、メーテルと鉄郎と共に下車して行く。
泣きながら歩いていくその女の姿を疑問に思う鉄郎に、あの女のひとのことは後で説明してあげる、とメーテル。

その星の様子はとても暮らしやすそう。
ホテルに着き子供の頃を思い出すというメーテルに、そんなに良い想い出は無いと鉄郎。
鉄郎の地球での出来事を、母親のことを、思い出させたことに沈み込むメーテル。
子猫を抱いた女のことを聞き始める鉄郎。
彼女はあちこちの星に行って動物を連れて来ているのだ、とメーテル。
鉄郎に亡くなった者はどこに行くと思う?と聞くメーテル。
そんなこと分からないよと答える鉄郎に、貴方もそのうち分かるわ、とメーテル
ホテルの廊下で虎や蛇に出会う鉄郎は部屋に逃げ帰り、メーテルは鉄郎を置いて独り出掛けて行く。

廊下の動物の鳴き声にベットに篭って震える鉄郎。
動物達の声は悲しい声ばかり。鉄郎の胸は痛むが、それが何故なのかは鉄郎には分からなかった。
鉄郎が目を覚ましてもメーテルは戻って来なかった。
銃を持って飛び出す鉄郎に、メーテルの姿と動物達。
メーテルが襲われると思った鉄郎は銃を向けるが、その手を鞭で払う「あの女」。

動物達は死んでしまって、そののちこの星にやって来るのだ、と「女」は語る。
そして自分もそのうちの「一匹」で元はミーくんと呼ばれていた猫なのだと、話し始める。
トラ猫は主人を喧嘩で庇った際に体の調子を崩して間もなく亡くなった。
そのトラ猫がミーくん。
その後彼女は自分と同じような「子供達に可愛がられてその後亡くなった動物達の魂」をこの星に連れて来ているのだと、語る。
この星のこの館はそういうところ、と彼女は語った。

999号はその星をあとにする。
心の優しいすばらしい人ということは分かった、と語る鉄郎の見ている間に
ミーくんの命の館の星は消えていく…。
それは人の心の中にある星、そう云われているのだ…。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#38:卑怯者の長老帝国:

鉄道管理局からの連絡が999号に届く。
運行を中止するよう命令を受ける車掌
振動が変化しているのだと説明する車掌に、おかしいわね、とメーテル
そういうそばから車両がバラバラになっていく事故に見舞われる999号
運行始まって以来初めてのことに慌てる車掌。
そこは次の停車駅「卑怯者の長老帝国」の星付近。
星に助けを求める車掌。
しかし、車両は破壊されその車両の乗客は居なくなった。
これから先は、全てこの星の長老デルムカゼの「おぼし召し」次第と説明するメーテル。

星に着き下車するメーテル。
交渉に向かうメーテルに付き従う鉄郎と車掌。
どこからか声がする。その声に従って、「無人の地下鉄列車」に乗り込む3人。
列車はどんどん地下に向って進む。下車と宮殿に入るように命じる声。
その声こそがこの星の長老・デルムカデ大統領。
姿を現したデルムカデ。

自分は若返りたいので「生身の体」が欲しいと、鉄郎を吊り上げるデルムカデ。
機械の体ならわたしが買ってやるというデルムカデに、自分の力で機械の体を手に入れると断る鉄郎
あわや鉄郎殺されそうになるところに、助けにやってきたデルムカデの息子パスカル
家出をした息子に、よく帰ってきてくれたと云うデルムカデ。
しかし、母の形見を取りに着ただけだとパスカル。
あなたのような卑怯者には成りたくないとパスカル。
この星には住人は居ない、皆「父上」が処刑してしまったのだと語るパスカル。

そこに鉄道管理局の無軌道装甲車が救援に来る。
警告を受けるデルムカデ。解放を受け入れないならば星ごと爆破すると通告する鉄道管理局。
パスカルに頼み込み、息子ならば助けてくれるはずだというデルムカデ。
やむなく従い自分の宇宙船に載せていくことにするパスカル。
しかし宇宙船は2人乗りで、親子と鉄郎・メーテル・車掌を乗せた段階で重量オーバーになっている。
鉄郎・メーテル・車掌を降ろすことを命じたデルムカデに抵抗したパスカルは父デルムカデに銃で撃たれる
そして自分の母も処刑に反対して撃たれて死んだ事を知らされるパスカル。
鉄格子に閉じ込められた鉄郎・メーテル・車掌。
メーテルは、鞭でパスカルの銃を巻き取り、取り寄せて3人は脱出する。

去り際に、父とこの星に残るとパスカルは言い残し、無軌道装甲車はその星ごと爆破する。

父親は卑怯者だったけれどその息子は立派な人だったと鉄郎。
親子って分からないね、そうメーテルに告げる鉄郎だった…。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
⇒<次回>#39霧の都のカスミ・#40球状住宅団の大酋長 前編

(お詫び)掲載が遅くなりまして申し訳ありませんでした。

 <感想みたいなの、ちょこっとだけ>
動物モノと親子モノは珍しいかな…『999』。
テーマ自体はほぼ共通のものを繰り返すのですが。
今回のパターンは「人間にとって大切なもの」のパターンかな?。
そして兎に角
「そう簡単には人は成長しない」「成長には対価が必要だ」ということを
鉄郎を通じて 延々 オトナ目線では「失敗」
当事者目線では「経験」
描くのでした、『999』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    『 銀河鉄道999 』#37#38 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる