シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 WHITE ALBUM 』#2

<<   作成日時 : 2009/01/13 18:12   >>

トラックバック 5 / コメント 0

― ところで「ボク」は 「彼女」のことが好きなのだろうか? ―



(ホワイトアルバム・第2話):
第二頁:「ずっと前から仕組まれてた、そんな出会いって、信じる?」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
まあ 感想や概要については、それは「いつものこと」なのですが…、
「見出し」作ったら 出来あがっちゃってる気がします、今話回も。
(ちなみに、「ボク」=冬弥 「彼女」=由綺 の置換ですが)
今話回も 注釈とか解説とかの 「掘り下げ」の類=「考察する部分」が要らない 気がしてます。
充分面白いですよ、「観て」楽しむ分には。

  −−−−−−−−−−−−−−−−

 (これまでのお話)
第一頁:「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」 ⇒
― 「彼女」と異なる「世界」に置かれて覚える「疎外感」… 貴方はどうしますか? ―
第二頁:「ずっと前から仕組まれてた、そんな出会いって、信じる?」 ⇒
― ところで「ボク」は 「彼女」のことが好きなのだろうか? ―
第三頁:「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」 ⇒
(次回)

  第二頁:【Index(目次)】
 「本稿」見出し。なので追記ごと順次改訂(の予定)
0.導入部
1.「第二頁」まで総論:大雑把に「どういうこと?」
2.「第二頁」まで各論:事例検討―”関係”の内実?―
3.今後の方針:
4.[補足]:
5.記事リンク(TB送付先)一覧:
6.追記経過一覧:

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.「第二頁」まで総論:
大雑把に「どういうこと?」:

前稿にて ”わたしならば 描きたい 世界”
 取り残される「ボク」の疎外感…。
 そして始まる?「迷走」の果てに…「損なわれる関係」と「損なわれる自分」と…喪失と再生の物語
 』
と表現しましたが
(そこには「掘り下げ」の類=「考察する部分」が要る)、
案外 『一昔前のトレンディドラマ」をアニメでやる』 ってことなのかもしれません…ね
企画の趣旨=ヤリタイコト

思えば、「トレンディドラマ」のある種のもの も 元ネタ系SLG も、構造は良く似ていますよね?。
「状況」変化→「フラグ」発生→ルート「選択」→「状況」変化→(以下Enddinngまでループ)
という点に於いて。

キャラ設定、キャラ描写は 感情移入できる程度 に描かれればそれで良く、
そこで重要かつ必要とされるのは、上記のシチュエーション=「状況」変化以降…。
その意味では、主人公 のみならず 登場全キャラが ”記号” と化す、
(あるいは、主人公は記号で、登場全キャラ「状況」のひとつ、でしかない)、
といっても過言ではない、と思うのです。

 補注)
この点で、【参照先】
『冬弥=主人公(男)=記号』論を唱えられて居られる(?)
SERA@らくblog 3.0 様 記事3016号 【ご参照】方

基本的に、わたしは初稿の段階では「わたしの見解」しかアテにせず、
 (まあ…upの進捗状況程度ですね)
参考になるご意見ご見解等は、追記なりコメントなりでのちに附す、というスタイルを採用しています。
 (可能な限り、出典を明らかに したうえで。当然)
                        以上 補注)

勿論、アニメが「虚構」である関係で、全ての作品において”「記号」性=記号っぽさ”はあります。
〜属性なり、〜っコの類ですけれど。
ただ、ここまで2話回観た限りでは、本作品の特性として、
現状、キャラ設定、キャラ描写って「感情移入できる程度」以上の機能を為してない、と思うのです。
冒頭に掲げた「見出し」
 ― ところで「ボク」は 「彼女」のことが好きなのだろうか? ―
を現段階で Yes/No 断言できる方居られますでしょうか?。

各論(=各話の展開はあっても総論(=全体の主題)が見えない関係 で、
今後の展開は読めません。
むしろ、「いかようにもなり得る」とも云えます。

「まだ2話回だから」ではなく、「このまま終始」 内実が語られることなく、”関係”と”位置付け”で物語が綴られて行くのかもしれません…。
すごく希薄な「人間関係”のようなもの”」が描かれるとしたら…そら恐ろしいです。

その場合、むしろ、全話終了時に、
総論(=全体の主題)が見えた段階で、
遡って、各論(=各話の展開)を検討するということの方が
アプローチとしては馴染みやすい、
むしろ、その時点にならないと
「掘り下げ」の類=「考察する部分」が要らない、と云うことに。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.「第二頁」まで(各論):
事例検討―”関係”の内実?―:例えば?というお話:

 ― ところで「ボク」は 「彼女」のことが好きなのだろうか? ―
今話回でも
冬弥と由綺 とが動作と台詞がシンクロするシーンで、 ”「彼氏彼女」っぽさ” は表現されますが、
それは ”関係”の外周 (ここでは、見かけのうえでの「彼氏彼女」表現
であって
”関係”の内実 
(ここでは、冬弥の由綺に対する「好き」という感情 及び 由綺の冬弥に対する「好き」という感情 という点での、「彼氏彼女」表現
ではありません。

冬弥 が はるか の行動に対し、自分の背中を「(由綺の場所)」
と内心描写(テロップ表示)されますが、
それも、”位置付け”で、”関係” の外周 であって ”関係”の内実 ではありません。
つまり、「ボクの領域に対する侵犯」が嫌い、と云えば、冬弥の由綺に対する「好き」という感情 とは無関係 と云えてしまう。

前話回の「(俺の由綺)」(テロップ表示)も 
”関係” の阻害に対する感情、
若しくは 玩具を取り上げられたコドモ における 玩具とコドモの”関係” とどこがどう違うのでしょう?。
となると、これも ”関係”の内実 でないことになります。
つまり、「ボクの領域に対する侵犯」が嫌い、と云えば、冬弥の由綺に対する「好き」という感情 とは無関係 と云えてしまう。

 ― ところで「彼女」は 「ボク」のことが好きなのだろうか? ―

由綺の側も”忙しい中を時間を作って電話をする”そのシーンで
「冬弥に向けられた好意」を表現しているかのように見えて、
その実、
今話回では「なにか伝えたいこと」があってバイト先の喫茶店に来た割には
何も告げずに(理奈に「良いの?」と確認されながら)帰りますよね?。

「言い出せないこと」ならば何しに来たのか不明となり、
「言い出さない関係」ならば ”そこでの「彼氏彼女」って何?となり、
手切れ=「彼氏彼女」関係が壊れる事柄ならば、
(それで「緒方・宅 で泣いていたことの根拠付けはされますが…作中で説明はありません…)
何故に
(まあ…電話ではなく口頭で、という意味にはなりますが…その割りに平気そうな様子でしたが?)
「理奈とともに」「バイト先の喫茶店に」?
単に 理奈と冬弥 が出会った という 「状況」変化 のエピソード?。

もっと斬り込むと、
由綺が好きなのは由綺 とさえ云えてしまう、現段階までの描写ならば。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.今後の方針:

観ていて ツマラナイor面白い と
書いいて ツマラナイor面白い とは別問題で、
何を以って 書く面白さ というかは更に別問題
 (個々のブロガー様の範疇化orタイプの問題)。
単に、「掘り下げ」の類=「考察する部分」が要らない、ならば、「わたしにとって」「書くには」面白いとは云えない、だけで。
ですので、
次話回の段階で、
「掘り下げ」の類=「考察する部分」が要らない、のならば
少なくとも、各話を単位には書きません。連載キリます。

観て楽しみます。充分面白い。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.[補足]:

深愛
KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)
2009-01-21
水樹奈々


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


東京ラブストーリー (1) (小学館文庫)
小学館
柴門 ふみ


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.記事リンク(TB送付先)一覧:
 (順不同)(初版)(01/13)

日々“是”精進! 様
MAGI☆の日記 様(概要オススメ)
SERA@らくblog 3.0 様(本文中【参照先】)
ソウロニールの別荘 様(現片道)
White wing 様

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
6.追記経過一覧:

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「WHITEALBUM」第2話
TVアニメ「WHITEALBUM」OPテーマ::深愛第2頁「ずっと前から仕組まれてた、そんな出会いって、信じる?」冬弥がアルバイトをしている喫茶店“エコーズ”に、由綺が彼女の先輩にあたる人気アイドルの緒方理奈を連れて来た・・・。「二人っきりでいると、ムラっとくる?」冬... ...続きを見る
日々“是”精進!
2009/01/13 19:13
WHITE ALBUM 第2話
早くも混沌とした関係の予感(汗) とりあえず冬弥は男で主人公って記号でOK? いいとこ何にもない空気キャラでもいいんですね…。 いや&... ...続きを見る
SERA@らくblog 3.0
2009/01/14 00:13
WHITE ALBUM 第2話「ずっと前から仕組まれてた、そんな出会いって、信じる?」
なんだか、今回も長いサブタイトルでしたね。 緒方理奈のマネージャーは、あれはだめだーっ(笑)。とてもじゃない。いかにも無能ってな感じですね。 ...続きを見る
White wing
2009/01/14 01:05
WHITE ALBUM 第02話「ずっと前から仕組まれてた、そんな出会いって、信じる?」の感想。
WHITE ALBUM 第02話 「ずっと前から仕組まれてた、そんな出会いって、信じる?」 評価: ...続きを見る
いーじすの前途洋洋。
2009/01/14 18:28
WHITE ALBUM 第二頁「ずっと前から仕組まれていた、そんな出会いって、信じる?」
博士「つまりはフリー○ーソンの罠・・・」助手「んな訳ねぇだろwww」... ...続きを見る
電撃JAP
2009/01/15 00:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    『 WHITE ALBUM 』#2 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる