シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀河鉄道999 #19#20

<<   作成日時 : 2008/11/08 19:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

<お話あらすじ稿>
#19:ざんげの国 #20:プロフェッショナル魂

前話回稿:#17:装甲惑星 #18:泥のメーテル

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#19:ざんげの国

999号は走る。 すれ違う紅い銀河鉄道666号。 「機械の星」まで1/3のところ。
そのとき「鐘の音」が聴こえた。 重力波で宇宙空間に届くのだと メーテル
その星の名は ざんげの国
停車予定は 2週間ちょっとの期間。
その星を「嫌になるくらい清らかな星」 と語る メーテル。

下車する 鉄郎 とメーテル。
排気ガスを出す自動車も走っていない。
車掌が下車している。休暇が取れたのだという。
公園で鳩と戯れていた車掌が暴漢(強盗)に襲われる。貴重品は全部盗まれてしまう。
この星には 警察はないと メーテル。 星の当局に盗難の連絡。
ホテルの宿泊クーポンも盗まれた車掌は メーテルや鉄郎とともにホテルに。
その頃 「清らかな星」のイメージダウン を恐れる当局

ホテルは和室。 3人集う。 そこにロビーからホールに面会客との連絡。
メーテルが 面会客に会いに。付いて行こうとする鉄郎。
が 突如 階段の一段が落とし穴と化しに落ちる。 星の当局の仕業
残る車掌にも当局の追手。 入浴中だった車掌は暗殺者から危うく難を逃れる。

囚われたメーテルと鉄郎は意識のないまま 消去室へ搬送開始。
気付くふたり そこは高速艇の中。
この星での 記憶を全て消去するためのガス が ふたりに噴射される。
車掌は暗殺者を問い質していた。 暗殺者の女は当局の者で この星の清潔管理局の仕業。

気付いた メーテルと鉄郎。 がしかし、記憶は残したまま
咄嗟におでこに貼った反射材のお陰と メーテル。 
そこに ホテルからの迎えの車。 それは記憶消去が効かなかった事を知った 管理局の追手。
管理局は 迎えの車の運転手=職員ごと「星の汚点」を消すため
メーテル と 鉄郎 を爆撃機で襲う。

車は事故を起し大破。 逃げだしたメーテルと鉄郎。
更に追手の攻撃が…。そこに車掌が援護に現われる。 車掌に 救出された メーテルと鉄郎。
その頃、
管理局では 車掌の”本当の姿”を見てうなされる 暗殺者の姿が…。

999号に逃げる一行。
「清らかな星」と云っても代わらない、と 鉄郎。
「押し付けがましい」星と メーテル。 世界中が聖人のはずはない とメーテル。
銀河鉄道の発車ホームに 管理局の者が待ち受ける。
既に 乗車しているメーテルと鉄郎を 言うことを聞いて頂かなければ…と脅す 星の管理局職員。
それを振り切り 発車する999号。
嘘で塗り固めた偽りの聖人だらけの星 にさよならを告げるメーテル と鉄郎
「”我々”は 普通の世界に住んでいて幸せだ」 と車掌

ナレ:どこかに聖人だらけの星が有るならば そこは地獄となるだろう)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
#20:プロフェッショナル魂

999号は 青い急行列車とすれ違う。 次の停車はその列車の出発した星 「おもいで星」に。
「思いでだけの悲しい星」と メーテル
メーテルは 鉄郎
この星では「銃を手放さないこと」「相手の目を決して見ないこと」警告する。
そこは 機械の体を手にしたはずの 住人達の住む 「宇宙植民地」のなれの果て

ホテルに入る メーテルと鉄郎。
ホテルには 200年間無限に漫画を描く者 や 銃を作り続ける者 らの姿…。 
メーテル は「この星はプロフェッショナルの星」と語る。
プロフェッショナルは 恐ろしくて凄まじい、とも。

ホテルの窓から外を見ていた鉄郎 外の男と目が合い さらわれる。
馬に乗ったまま鉄郎をさらったその男は 縛り首のプロ
男は馬を止め そこで 鉄郎を 縛り付ける。
鉄郎の「処刑」の前にそこに現われたひとりの男が 鉄郎を助け出す。
が その男と 再び目を合わせてしまう 鉄郎。
その男は 荒野のガンマン。 相手は プロフェッショナルのガンマン。
鉄郎 が銃を持っていることを知り、銃で対決する羽目に。
と思いきや 鉄郎に銃の扱いの指南を始める ガンマン。
鉄郎は 玩具にされた と いきりかえる。
その場を離れようとする鉄郎 をガンマンは赦さない。

そこに 鉄郎を助け出そうと メーテル 現われる。
メーテルとガンマンの決闘
メーテル の前に300年間ガンマンをして来た男は敗れる。
メーテル の名を聞き、静かに眠りに着くその男。
このひとと決闘したくなかったと 泣く メーテル。
こうしていなければ いつまでもあなたは早撃ちのトレーニングをさせられていたのだ、と メーテル。
例え鉄郎が死んでも 死体のまま トレーニングを続けさせられていたのだ、と メーテル。

「この星に来るのは悲しいヒトばかり」「人生の終着駅のような」ところ、と メーテル。
なんだか やりきれなくなってきたよ、と 鉄郎。

出発する999号。
あんな星は嫌だ と鉄郎。 やはり降りないほうが良かったね と メーテル。
そのとき999号で爆音。 プロフェッショナルな爆弾造りが乗り込んだのだ、と。
残りの爆弾は見つからない 探知機でも発見できない。
999号は 爆弾の仕掛けられた車両を切り離して再出発。
その直後、切り離された車両は大爆発する…。 危うく難を逃れた一行

メーテル は語る。
あの星の者は、自分が選んだ道を永久に歩き続ける、のだと。 信念に基づいて、と
それを聞いた 鉄郎は
自分も機械の体を手にするために旅をしていることに 一瞬自分と同じ姿を見て「嫌だなあ」と 鉄郎。
が 鉄郎は それでも 「機械の星」に向かうことを 決意を新たにするのだった…。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
↑ こんなお話でした。
まあ…「機械の体になうことが幸せか」「幸せって何?」って
お話が 延々続く この辺り…。

⇒<次回>:#21 枯葉の墓標 #22 海賊船クィーン・エメラルダス


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    銀河鉄道999 #19#20 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる