シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 伯爵と妖精 #5 妖精女王の花婿

<<   作成日時 : 2008/11/06 01:46   >>

トラックバック 10 / コメント 0

―僕ならどうにかして君に月を贈ってみせるよ―
[第2部]はエドガー「受難編」かも?…と書いた矢先に 訪れたのは「恋の受難」でした。
が、そんな 甘くて酸っぱい想いを吹き飛ばすかのような 嵐の前の予感が…。
新展開[第2部]いざ序幕

<前話回>コチラ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 追記2.
【Index(目次)】
 「本稿」見出し。なので追記ごと順次改訂(の予定)
0.導入部
1.<概要>
2.<感想>(その1)
 1)第2部序幕として:
 2)第5話全般:
 3)第5話個別:
 4)再び総評・第5話:
3.[感想 補足]:
 全体での 位置付け(見込み)
4.追記経過一覧:
         以上 追記2 初稿に戻る↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆第2部序幕:舞踏会 惑いと戸惑い そして脅迫状◆

<概要>

河原に寝そべる 「黒髪の男」
そこに 歌いながら妖精が飛んで来る。
野原の妖精マリーゴールド
「黒髪の男」と ふたりで
ロンドンに行く話と「月」の話に 盛り上がり、
挙句に うっかり「白い月」=「月の指輪」はすり替わり
そのまま 飛んで行った。
「白い月」=「月の指輪」は 「黒髪の男」の手許に残された…。
 −−−−−−−−−−−−−−−−
リディアが 伯爵家専属フェアリードクターとなって 3ヶ月が過ぎた)

伯爵家執事となったトムキンス と リディア
「青騎士伯爵」の先祖への「妖精女王」からの求婚話 に夢中になっている。
魔法の呪文のお陰で その「青騎士伯爵」は人間界に逃れられたのだと語る執事に
その「呪文」を知っている、と リディア。
そこに 現われる 伯爵エドガー
リディアにも 舞踏会に参加するように とエドガー。

案ずるリディアに
エドガーは ダンスのレッスンは用意されており、
大丈夫 君と踊るなのは僕だけだから と リディアに告げる。
更に 「僕以外とは踊らないこと」 「妬けるから」と語る
エドガーに 
呆れたリディアは 貴方にもお月様の呪文が効けば良いのに、と。
「満ち欠けを繰り返すあの月を送ってくださるなら」としつこい妖精の求婚を断る呪文を
エドガーに 教える。
それを聞いた エドガーは

「僕ならどうにかして君に月を贈ってみせるよ」
と 答えてみせる。
そして リディアの過去を問い質し 嫉妬する エドガー。
そんな折り レイヴンが 画商からが届いたと知らせに来た。
その画を観て 妖精城にぴったりだと云うリディアに
画の女性が リディアに良く似ていると云う エドガー。
 −−−−−−−−−−−−−−−−
舞踏会のため レイヴン相手にダンスのレッスンに打ち込む リディア。
休憩時間。 ニコが云うにはまるで駄目。
そんなリディアの許に マリーゴールド 現る
伯爵に会いたいのだと語る マリーゴールドは 
リディアの勧めで変化 妖精が見えないエドガーのために 少女の姿に。

実は マリーゴールドは 「青騎士伯爵」を花婿にするための「女王」様の使い
そんな折に ダンスの先生が刺客と化し リディアが?襲われる。
すかさずレイヴン ナイフ飛ばして リディアを庇いつつ撃退。
刺客は 「覚えていろプリンスの犬め」と捨て台詞を残した割りに ちゃっかり 逃げるその場に残した 紅い月のペンダント
 −−−−−−−−−−−−−−−−
マリーゴールドは 伯爵エドガーと謁見。
マリーゴールド は「女王」の使いと名乗り出る。
以前の「青騎士伯爵」に「女王」が求婚した際に所望したもの それは「月」。
その 月(「白い月」)を盗まれた、とマリーゴールドは泣く。
ほとぼり冷めるまでしばらく 伯爵の許に居候の マリーゴールド。 
盗んだのは きっと 河原の男=妖精。 青い石と刷り返られた と マリーゴールド。
月を受け取りさえしなければ妖精界に連れて行かれることもないし、とリディアはいうのだが…。
 −−−−−−−−−−−−−−−−
そして 迎えた舞踏会当日
正装のカールトン教授とリディア。
この花をレースの襟元に飾って と リディアに手渡す エドガー。
それは 伯爵とダンスを約束した証

が リディア は自分のドレス姿を変なのかと思っていたところに、「少しも変じゃありませんよ」と声を掛ける男。
自分も始めての舞踏会 場違いな気がしてて ダンスが苦手なのは 僕も同じだと男。
彼は 駆け出しの画家 ポール
先日届いた画の描き主。
リディアは それを知り、更には妖精の話題で盛り上がり、
更には、ポールの「ヒトには心の目がある」の ひと言で
すっかり意気投合する ポール と リディア。

その一方で
社交界のエドガー が知らない人に見えて エドガー の別の顔に戸惑う リディア。
そんな リディアを ポールがダンスを誘う。
そんな折りも折り…マリーゴールドの「月の指輪」=「白い月」を奪った者が分かったと ニコ。
その ケルピー が会場のバルコニーに現われて
しかも、ケルピーは リディア をスコットランドに連れ戻そうとするけれど
仕事を理由に帰らないとする リディア。
ケルピー にはそんな様が気に入らない。
挙句 中に何かいれたのか?と思いっきりスカートを捲るわ、
(羨ましい…) 
「月を見つけたんだ これで お前は俺のものだ」と叫ぶわ、
ケルピーもう大変。
が それは 本当に満ち欠けする月の指輪「白い月」だった。
指輪をリディアに渡そうとする ケルピー と 「伯爵」と勘違いされた ポールが争ううちに
指輪は あろうことか ポールの左手(薬指)に!
(しかも抜けない)。
噛みちぎってやる とケルピー もう大騒ぎ。

そこに 「伯爵」エドガー現われるも 名乗りを上げようにも妖精なので リディアひじ打ちで偽名でしか名乗らせてもらえない ケルピー。
リディア をスコットランドに連れ戻そうとするけれど それは エドガーが認めない。
エドガー に 手を出そうとする ケルピーに (そこはやっぱり)割って入るレイヴン。
結局 ケルピー バルコニーから脱出…。

そして ふたり踊る エドガー と リディア。
エドガー 嫉妬まみれ やら 煽てるやら の末に告げる。
僕達はこんなふうにいつでも互いに補い合える と エドガー。
今度は何を企んでいるの? と思う リディア。

ともに 歩く ふたり エドガー と リディア。
ひとしきり 恋の鞘当て のち エドガー「恋」を語る…その果てに
「だから僕はとっても不安だ」「僕の言葉を信用してくれないのは仕方ない」「でも希望を持っても良いだろう」と 押したり引いたり(本人至って大真面目)な エドガー。

もう止めましょう 貴方と恋愛ゲームをする気はない 語るリディア
その胸の内に 幼少期のトラウマが甦る…。
心のすれ違う ふたり リディア と エドガー。
リディア 飲み物を貰ってくると その場を去る。
 −−−−−−−−−−−−−−−−
エドガー 執事トムキンスに愚痴る
未来の奥様に嫌われたかもしれない、と。
奥様に嫌われているご主人はいくらでもいる、と トムキンス。

そんな折も折り エドガー の元に一通の便り。
紅い月の蝋印に封緘された 紅い月の描かれた白い便箋の 便り。
宛先は「青騎士伯爵に仕える スカーレットムーンへ」
そして その内容は
『 メロウの宝剣 と 偽「青騎士伯爵」の命を頂く 』
という 脅迫状!
 でした。

そして 
夜の屋敷に 無邪気にスイートピーマリーゴールド
「お迎えに参りましたわ 花婿様」
飛んで行くのでした。

⇒<次回>第6話「白い弓 紅い弓」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<感想>
「定例の 追って追記形式にて順次進めます。」

◆第2部序幕:舞踏会 惑いと戸惑い そして脅迫状◆

1)第2部序幕として:
リディアの心理描写を丁寧に描きこむのかしらん、と期待して見始めた 今話回。
確かに リディア心理も描いているのだが、やっぱりエドガーに待ち受ける試練の予感に満ち満ちて 次話回へ。
それ以前に エドガー「恋の受難」に どっぷりと。 だけど 兎にも角にも 届いた脅迫状が先!?。

 −−−−−−−−−−−−−−−−

2)第5話全般:
新展開の滑りだしは こんな感じかな、とは思わせる 第5話
新キャラ 登場。
ケルピー(妖精・水棲馬) と ポール(駆け出しの画家)。
戸惑いと猜疑心と過去のトラウマ に捉われる リディア。
エドガーのキラ〜ンと甘い口説も 空振りしまくり打率は大幅ダウン。
エドガー と リディア の仲に進展はあるのか?
 (無きゃ困るけど)。
エドガー は新たな試練を乗り越えられるのか?
 (越えなきゃこまるけど)。

 −−−−−−−−−−−−−−−−

3)第5話個別:
◇ケルピー:
 リディアに恋慕を寄せた妖精 ケルピー。
 前後の文脈からして…どう考えても。
 まあ凄い迫力だこと。 流石は「水棲馬」!?。
 vsレイヴン ではレイヴンの能力と「陸地じゃ分が悪い」と逃げたけれども。
 ポールの左手小指!にぴったりはまった指輪を取り返すのに「噛みちぎってやる」だもの…。
 まあ〜野性味あふれる方=馬 だこと、と。
◇ポール:
 は好青年でリディアと「話が合う」のでしょうが、今のところ「登場して来た理由」が今ひとつ。
 エドガーの嫉妬心を掻き立てるための当て馬!?。
 いや…「良いヒト」だとは思いますよ、ハイ。
 ただ、今後「活躍の場」がないと物語的にキツイかな、と。
 出番を作る、っていうか…用意されているのかしらん?。
◇マリーゴールド:
 まあ 個人的に「脇役の釘宮」がどうにも駄目なんですよね…。
 お好きな方には申し訳ないですが。
 どうにも浮く(というか、場が「浮つく」)んですよね…彼女。脇役だと…。
 あくまで、個人的に と受け取っていただければ幸いです。

4)再び総評・第5話:
よく言えば お話が丁寧で描写が細かい。 が反面 「まとまり」のなさを感じさせた話回。
お陰で<概要>まとめるのが もう大変で大幅に割愛(これでも)。
真面目に「まとまらない」。後掲箇条書き4点でも良かったのかしらん!?。
新展開なので、ある程度「舞台の状況説明」が必要になるのは止むを得ないのだけれど、
そのお陰で お話の軸=筋が見えにくくなり、「まわりくどい」感じはしてしまう。
まあ [第2部]序幕ということで 次話回に期待しましょう♪。

兎に角も [今話回で提示すべきこと]というのは、
・リディアは「罰ゲームでの手紙」がトラウマ
ケルピーポール の登場
・「お月様の呪文」のお話 と 「月の指輪」のお話
・そして、エドガーの許に脅迫状が!
の4点で絞れる気がしてる…。

⇒<次回>第6話「白い弓 紅い弓」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2008-11-05-1
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 追記2.感想 補足

追記といっても 新展開[第2部]序幕 なのでね…
掘り下げるところ は ほぼ無し ということで。
1クール全12話を4x3の3部構成で、で良いのでしょう、恐らくは。
2部構成で8話回ってちょっと ひっぱりが キツイですし、
[第2部]に「受難編」を持って来て
[第3部]を「ラヴロマンス編」で
「(仮の)ハッピーエンド」って云うのが収まりが良い、とは思うのです。

『続編』というのも…「続編つくって質下げた」ってパターンを多々観てきているだけに、キレイに1クールでまとめて欲しいところ。
これは 個人的な希望ですが…。
というのも この「物語」を進めていくと「光と影」の「影」の部分を描かざるを得なくなりそうなので…
物語的にはみたいのですが…
その辺 アニメ版的には Lightにまとめる、かな?と。

その上で [第2部]の位置付け を考えてみると
[第5話]だけだと[第1部]との”つながり”がなくなってしまうので、
やはり そこは[第4話]での
ユリシス:「そうか奴が宝剣を」
と からませるのでしょうね。
少なくとも ユリシスの意思が働いていて、
そこで エドガーの「受難」を描きつつ、
[第1部]で「積み残した」 リディアの心理描写 を 丁寧に描いて、
リディア と エドガー ふたりで「受難」を乗り越えて
(&レイヴンの3人! それとも5人で? まあソレは良いんですが)
で、[第3部]:(仮)「ラヴロマンス編」 に突入!
というのが 展開的に素直かな、と。
その過程で[第2部]で展開される「白い月」「紅い月」物語、って云う位置付けかな、と。

次話回の「白い弓 紅い弓」っていうのも「弓月」のことかと思われ…
まあ本当に「弓」が出てきても構いませんが。

あ そうそう<概要>だけでやたら長くなっちゃって
止む無く削っちゃった箇所では
「エドガーに言わされてるレイヴン」シーン は良かったですよ、と。
ここは触れておかねば…。
               以上 追記2.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
追記1.:11月6日昼刻:訂正
箇所:夜の屋敷に 無邪気にスイートピーマリーゴールド
 誤)マリーゴールド →正)スイートピー 
   にて 抹消線と スイートピー 加入
                   以上 追記1.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
追記2.:11月10日夕刻:以下の点:
・【Index(目次)】追加 <概要>前挿入。
・[感想 補足]を 追記1.前挿入。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
■伯爵と妖精 第5話「妖精女王の花婿」
 マリーゴールドの歌う呑気な歌が、凄く雰囲気を出していたりします。  ピクシー形態の妖精さんって、私は好きです。  姿形は勿論、前向きに楽しく生きてる感じが凄く ...続きを見る
ゆかねカムパニー2
2008/11/06 01:52
『伯爵と妖精』第5話
第5話「妖精女王の花婿」「白い月 女王様の白い月 花婿様に贈る月」と楽しそうに歌っている小さな妖精。その声は釘宮さんではないか!小さな妖精マリーゴールドに声をかけた黒髪巻き毛の美男子は・・・子安さん!! ...続きを見る
ウサウサ日記
2008/11/06 04:58
伯爵と妖精 第5話「妖精女王の花婿」
ケルピーとポール登場!!待ってたさ〜〜っ(><)いや〜この朔洵VS静蘭コンビがまたTVで見られるなんてっ!!嬉しさのあまりテンションマ〜〜クス!!(>▽<)ありがと〜〜〜っ!!エドガーに伯爵家専属の妖精博士(フェアリードクター)として正式に雇われたリディアの... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2008/11/06 07:03
「伯爵と妖精」第5話
第5話「妖精王の花婿」宝剣を手に入れたエドガーは。苦難のすえに無事に家を継いだ。そして彼は、妖精の国に領地を持つという伯爵家には妖精博士が必要と、リディアを城に招くが・・・。「キス以上のことを想像した?」妖精のマリーゴールドに話しかける黒髪の妖精。”白... ...続きを見る
日々“是”精進!
2008/11/06 07:04
伯爵と妖精 第5話「妖精女王の花婿」
子安さんケルピーキタ━━━(゚∀゚)━━━!!! ...続きを見る
のらりんクロッキー
2008/11/06 10:44
伯爵と妖精 第5話
伯爵と妖精 第5話 「妖精女王の花婿」馬・・・じゃなかったケルピーキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!あらすじはコチラ妖精女王の花婿=青騎士伯爵に送るべく月(ちゃんと満ち欠けする指輪)を持ってロンドンに向かっていたマリーゴールドは途中でこれまたロン... ...続きを見る
SOLILOQUY
2008/11/06 12:06
伯爵と妖精#5「妖精女王の花婿」感想
伯爵家専属のフェアリードクターになって三ヶ月。リディアの元に月の指輪を持ってあの妖精がやってきた!!!「妖精女王の花婿」あらすじは公式からです。エドガーに伯爵家専属の妖精博士(フェアリードクター)として正式に雇われたリディアの元に、野原の妖精マリーゴール... ...続きを見る
おぼろ二次元日記
2008/11/06 16:49
伯爵と妖精 第05話 「妖精女王の花婿」
オバマさん、御当選おめでとうございます。 ...続きを見る
KTN:神奈川辺境交通
2008/11/06 22:35
伯爵と妖精 第5話「妖精女王の花婿」感想
 今回から新しい登場人物が、何人か出ましたね。[E:shine]あのケルピーは、 ...続きを見る
スターライト☆ステージ
2008/11/08 13:46
伯爵と妖精 第5話
第5話は、リディアを追いかけてきたケルピーが登場するお話でした。 妖精が本格的に絡んできだしたのはいい感じ(笑)。 まぁ人間体をとっているわけですが、妖精にも色々いるんですね〜。 ...続きを見る
パズライズ日記
2008/11/10 07:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    伯爵と妖精 #5 妖精女王の花婿 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる