シリウスを目指して翔べ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 伯爵と妖精 #3(追記5.)  メロウの島

<<   作成日時 : 2008/10/28 20:45   >>

トラックバック 1 / コメント 0

20000字までしか入らない そうなので
止む無く 「伯爵と妖精 #3  メロウの島」別稿
本文 コチラ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
追記5.10月28日晩刻:追記前挿入以上迄:補足:

と 書いてる間に 【公式】に第4話あらすじが…
おおっなんなんだ この展開は!?。

【出典元】:
(アニメ版)『 伯爵と妖精 』公式サイト:
http://www.myfairy.tv/
 谷 瑞恵/集英社・アシェンバート伯爵家
  (あらすじ部 抜粋)
ハスクリーの手下によって、父・カールトン教授とともに地下牢に閉じ込められてしまったリディアだが、エドガーの作戦により助けられる。残りの謎を解き、彼らはメロウのもとにたどり着くが、宝剣を手に入れるためには人の魂と引き換えにしなければならない。リディアはそのために自分が殺されると思い、エドガーより先に宝剣を手にするが、エドガーは意外な行動に出て・・・

TOP>STORY>第4話「貴族の義務」

「メロウの宝剣を手にするためなら、彼女(補注:リディア)を犠牲にすることも厭わないと自分に言い聞かせるエドガー」
なのに カールトン父娘救出に向かうところに 「貴族の義務」なのかな…で 宿屋の主人=代々の「伯爵家の執事」に「島の主人にふさわしい」と認められる、とか!?。
「メロウの宝剣」は手にするに相応しい者にしか 手に入らないとか!?
超展開なのか はしょり過ぎなのか…観てみないと分かりませんが…容赦ないなあ。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−

それはソレとして 今後の見どころ 込みで 見直してみて 思うこと。
【補足】:

[全般]

◆で…「王道ファンタジー」って見方もある模様ですが、
ペン的には エドガーって「覇道」なのですよね。今のところ。 勿論これから変わっていくのかもしれないのだけれど。
表現手法や舞台設定は古典的 ですが、そこを「王道」と評するというならば「王道」でも悪くないな、と。

◆制作工程のラインが 話回の奇数・偶数で2系統 の虞:
作画はやはり、第3話でまた違いますね。
第4話観れば 確定できるのかしらん。
個人的には奇数話回のエドガー が好きですが その他の人物は第2話の雰囲気が出来が良いかな〜と思う程度で さほど気になるということも 物語への「浸り」への影響もないのですが。

[人物ごと]
◆リディア と エドガー: 
「ヒトと妖精の共存」かあ…さらっと云えてしまうところが「彼女らしさ」なのでしょう。
そんな彼女が エドガーの凍った心を解かす=”やすらぎ”で 変わっていくエドガー ってところが巧く引き出せると良いのですが…。
そのままの エドガーでも充分。
ただ、本物の「青騎士伯爵の末裔」になったあとの物語で 彼の抱える「地獄」というのが「物語」として興味深いのだが…
小説 ならば兎も角 アニメ版 では ソコまでやらないのかも。
それより何より、第3話にして ここまでデレで今後どうなるリディア…が見どころ、かな。

◆エドガー と レイヴン:
「決して殺戮を命じない」エドガー…かあ。 ちょっと「手荒な真似」は描けないのかも。
ハスクリー一味と闘ってましたけど。 レイヴン強い強い。
自分に意思があることすら気付かない、と語る場面に またレイヴン痛々しいなあ、と痛感。
展開として やはり、どこかに過去編挿入で アーミン(故人)登場頂かないと 物語の補完が難しそう。
エドガーの人格形成に影響与えてそうだし。
全12話構成というのであれば、どこに入れるかが大変ですが…。

◆リディア と レイヴン:
仲良くできると良いですね、としか申しあげようが…。
「箱入り」さんに 理解できない世界を理解しろいうのも酷なのだが、今のままのレイヴンに接する態度だと…やはり痛々しいので、レイヴンが。

[小ネタ系メモ]
・スパンキー 鬼火 1000年前に死んだ子供
・墓標「眠れる人魚の子供達の為に」
・エドガー:領主は妖精を信じなくちゃならないのか?
・リディア曰く 「強い心の持ち主」なエドガー
 と そう思っているリディア…
 心が「強い」んだけれどそう「強い」ヒトでもないんで その辺の折り合いかな。
 「ご自分を大切に」byレイヴン
・お薬は 傷のお薬でした。

(挿入)
TBご希望の方は 本文にお願い致します
http://pengin-stella.at.webry.info/200810/article_40.html
     以上追記5.以下 追記 に戻る
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
伯爵と妖精 #3  メロウの島
―本気の嘘だけが僕の真実― 「本気の嘘だけが僕の真実」 そして 僕の真実は「本気の嘘」。 虚構の世界に生きることを余儀なくされた エドガーのせめてもの「誠実」。 それは 大事なことは「嘘」を本気でついてみせること…。 第3話 「メロウの島」 ...続きを見る
シリウスを目指して翔べ!
2008/10/28 20:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

【サイト内検索】


【AboutSite】

Author:ペンギン座
翔べない鳥ペンギンが それでも「天空」に向かって羽ばたき 走れなければ歩き 歩けなければ這う うずくまっても前のめり。 そんな
『 ペンギン座の闘争記 』

【Tb等運営方針】

【Social-BookMark】


【RSS等】

RSS Validator (feedAnalyzer)

現在の閲覧者数:


【MainCategory】


【参加ブログ団体】

  (トラックバックセンター)
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
にほんブログ村 トラコミュ 懐かしアニメへ
懐かしアニメ

にほんブログ村 トラコミュ 政経批評-主に日本の政治についてへ
政経批評-主に日本の政治について

My殿堂入り作品


【参照向け-アニメ】

  • WEBアニメスタイル:

  • 神山健治監督20選・該当頁ご参照
  • TELECOM-ANIMATION-FILM:

  • アニメーション制作の流れ

  • テレビドラマデータベース


  • 【参照向け-時事】


    【趣味のブログパーツ】

    占いモンキー

    水族館
    Aqua Museum

    【SEO系】


    この日記のはてなブックマーク数
    track link シリウスを目指して翔べ!

    伯爵と妖精 #3(追記5.)  メロウの島 シリウスを目指して翔べ!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる